ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】石井表記(6336)大きく値を落としたが、大口受注発表で切り返し。決算にも期待。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:45%(33勝39敗) パフォーマンス:-144.5
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間3月1日~3月30日

    始値(1,497円)→終値(1,099円)

    【買い】石井表記(6336)大きく値を落としたが、大口受注発表で切り返し。決算にも期待。

    3月1日(木)8時32分みんなの株式
■3月22日決算
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
パソコンやタブレット端末などに使われるプリント基板の製造装置の最大手。1963年創業。近年は液晶パネルの配向膜を塗布するインクジェットコーター装置の拡販に注力。岡山のパチスロ機メーカーへのディスプレーの供給や産業機械向けのスイッチパネルも事業の柱。2002年開始の太陽電池ウエハ製造が、太陽電池市場の価格暴落にのみ込まれ多額の損失を計上。
もみじ銀行などから金融支援を受けたが、17年8月に優先株を取得・消却し再建完了。

EV車に搭載される予定の電池で本命格なのが、全固体二次電池と言われています。
同社は過去に、インクジェット製法による全固体型セラミックス二次電池開発を推進していました。
ですが、量産適合性に課題があり、断念。しかし引き続き、インクジェット製法における高積層ではない全固体型二次電池の展開を模索中としています。

全体相場の下落に合わせ2月は一旦崩れ、安値1028円までありましたが、全体と連動し戻り歩調。
20日引け後に、中国の液晶パネルメーカーからインクジェット装置の大口受注(12.6億)を獲得したと発表し、大きく上へ。
3月22日に本決算を控えておりますが、大きく伸びた今期の勢いそのままに見通しにも期待。
最低でも四季報予想は上回っておきたいところ。
終値1648円超えに期待し、上昇予想。

最終更新:3月1日(木)8時32分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ