ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】GMB(7214)EV向け電動ウォーターポンプに期待のバリュー株。モーターや制御機能を応用したEV向け製品開発にも注力。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:43%(30勝39敗) パフォーマンス:-145.3
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間3月1日~3月30日

    始値(1,803円)→終値(1,768円)

    【買い】GMB(7214)EV向け電動ウォーターポンプに期待のバリュー株。モーターや制御機能を応用したEV向け製品開発にも注力。

    3月1日(木)8時31分みんなの株式
■買い妙味
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
独立系の自動車部品メーカー。奈良県磯城郡川西町に本社。バルブスプールやユニバーサルジョイント、サスペンションなど駆動・伝達・操縦装置部品と、ウォーターポンプなどエンジン部品、ベアリング関連を生産。市場別では韓国・現代自動車向け新車用部品と東南アジアや欧米などのアフターマーケット用部品が収益の2本柱。北米、中国、韓国、タイなどに海外拠点を保有。新車用部品では現代自動車に加え、日系メーカーへの拡販に注力。

EV向けには、周辺装置を冷却する役割がある電動ウォーターポンプを製造販売。
最先端技術を応用したもので、燃料電池の効率化、騒音の低減と軽量化、高耐久性、ホールセンサー無しのBLDCモーター搭載仕様といった特性をもっているようです。既に米国、韓国で販売。

2月1日に決算を発表。
18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比47.6%増の22.6億円に拡大し、通期計画の23億円に対する進捗率は98.3%に達し、5年平均の74.1%も上回った。

会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比96.2%減の0.3億円に大きく落ち込む計算になる。

直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比6.1%減の5.3億円に減り、売上営業利益率は前年同期の2.9%→2.7%とほぼ横ばいだった。

[出典:株探]

韓国のヒュンダイモーター(現代自動車)の5年連続減益など不安要素があるものの、業績には影響軽微だったようです。
3Qで進捗98%を達成しましたが、上方修正はなく、これを嫌気したのか翌営業日から売られました。
この時価総額で、驚くほどのバリュー感です。
昨年10月26日窓下1568円、2月14日安値1625円をサポートとみて、下値余地の少ない現在は買いに妙味があるとみます。

最終更新:3月1日(木)8時31分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ