ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ペプチドリーム(4587)出遅れバイオ銘柄の雄◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:47%(180勝202敗) パフォーマンス:-65.8 2
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間3月1日~3月30日

    始値(4,900円)→終値(5,470円)

    この予想!自信あり

    【買い】ペプチドリーム(4587)出遅れバイオ銘柄の雄◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    2月23日(金)11時04分みんなの株式
出遅れバイオ銘柄の雄
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:医薬品
時価総額:5765億円
PER:274.28倍
PBR:49.19倍

【10-12月期(2Q)経常は66%増益】
2月13日に決算を発表。18年6月期第2四半期累計(7-12月)の経常損益(非連結)は7.6億円の赤字(前年同期は4.9億円の黒字)に転落した。直近3ヵ月の実績である10-12月期(2Q)の経常利益は前年同期比66.3%増の1.6億円に拡大し、売上営業損益率は前年同期の-9.5%→18.2%に急改善した。

【円高懸念を回避】
インデックス売買の影響を受けにくいバイオ関連に個人投資家を中心とした買いが向かいやすくなっている。ラクオリアや小野薬品工業など材料の出た銘柄が先導役となる形で総花的な物色が続いた。バイオ関連は目先売りが一巡しており、需給面でも軽さが意識されて足元では円高懸念がくすぶる主力輸出関連を避け、景気動向に左右されにくい銘柄として人気化して来た。

【バイエルと新たな共同研究開発契約を締結】
昨年11月に独バイエル社と新規の共同研究開発契約を締結したと発表している。がんや心疾患が主なターゲットとみられ、今期に契約一時金を受領して、開発進展に伴ってマイルストーン、ロイヤルティを受領することになる。契約一時金は非開示だが、マイルストーン合計は最大で1245億円となるもよう。業績インパクトへの期待がかかる。


創薬ベンチャー。特殊ペプチドを使った医薬品候補物質を大手と共同開発。

(2/23現在)

3/2追記 指数暴落の中で逆行高、テクニカル的に足元は5日線を挟んだ動き。昨日発表された信用残は取り組み0.97倍でまた、逆日歩が10銭付き売り型は厳しい。空売りを巻き込み上値追いの展開に期待が掛かる。

最終更新:3月2日(金)14時42分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ