ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ゼビオホールディングス(8281)決算は通期計画を超過◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(178勝204敗) パフォーマンス:-71.5
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間2月19日~2月23日

    始値(2,204円)→終値(2,163円)

    この予想!自信あり

    【買い】ゼビオホールディングス(8281)決算は通期計画を超過◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    2月15日(木)15時42分みんなの株式
決算は通期計画を超過
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:小売
時価総額:1056.43億円
PER:32.00倍
PBR:0.82倍

【決算は通期計画を超過】
1/9の決算を発表。18年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比62.6%増の108億円に拡大し、通期計画の90.1億円に対する進捗率が120.1%とすでに上回り、足元の好調さを確認した。

【大雪関連株】
2月に入っても北陸を中心に寒波が到来。気象庁が異常気象の発生が高まる「ラニーニャ現象が発生しているとみられる」と発表、今冬は厳しい寒さになり大雪関連銘柄に注目が集まっている。いわゆる大雪関連株は、急騰習性は持つものの、思惑買いのなかで株価上昇が一過性となる場合も少なくはない。スキーウエアなど防寒衣料も揃う同社にも目を配っておきたい。開催中の平昌五輪もあり、成績次第では思惑高を招く可能性もある。

【早期対応が奏功】
同社は昨年6/26に、子会社のゼビオコリアが韓国で展開している4店舗の閉鎖と、小売り事業から撤退することを発表。事業撤退は景気減速による韓国市場での販売不振などが主な理由。同社では、これに伴うグループ業績への影響は微減だとしているが、早期に不採算部からの撤退が収益に結びついている。


スポーツ用品専門店を東日本中心に展開。「ゼビオ」と「ヴィクトリア」が主柱。

最終更新:2月16日(金)14時40分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ