ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ビックカメラ(3048)インバウンド消費の復活で2期連続最高益更新へ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:43%(157勝207敗) パフォーマンス:-84.5 2
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間2月13日~2月16日

    始値(1,623円)→終値(1,645円)

    この予想!自信あり

    【買い】ビックカメラ(3048)インバウンド消費の復活で2期連続最高益更新へ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    2月9日(金)14時12分みんなの株式
インバウンド消費の復活で2期連続最高益更新へ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:小売
時価総額:2900億円
PER:19.33倍
PBR:2.34倍

【ネット通販強化が奏功】
1/11日の取引終了後に発表した第1四半期(17年9-11月)連結決算は売上高1885億3500万円(前年同期比5.2%増)、営業利益30億1500万円(同23.2%増)、純利益19億9700万円(同31.3%増)と大幅増益となった。

【新規店舗も貢献】
「ビックカメラ京王調布店」(東京都調布市)や「ビックカメラ船橋東武店」(千葉県船橋市)をオープンさせたほか、新形態店舗として「ビックトイズプライムツリー赤池店」(愛知県日進市)や化粧品、医薬品、理美容家電および酒類などを中心の品揃えとした「ビックカメラセレクト原宿店」(東京都渋谷区)などをオープンさせたことが寄与。またオムニチャネルを含むインターネット通販事業を強化したことも貢献した。

【楽天とビックカメラで新サービス】
楽天とビックカメラは家電分野を中心とした、より利便性の高いショッピング体験を提供することを目的に新会社を設立し、2018年4月よりサービスの提供を開始する。インターネット通販が生活の基盤として定着するとともに、顧客の家電の購買行動にも大きな変化が生じている。従来の家電量販店で実物を吟味しながら購入する方法に加え、インターネットで商品情報や価格を比較して効率的に購入する方法も浸透しつつあり「楽天市場」の家電ジャンルも順調に拡大。一方で生活必需品のため迅速な配送、大型家電の設置、店頭で専門スタッフにメンテナンスや使い方の相談をしたい、といった家電のインターネット通販特有のニーズも高まっている。

ターミナル駅周辺で大型家電量販店大手。ネット販売も手掛け傘下にコジマを持つ。

最終更新:2月9日(金)16時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ