ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】コマツ(6301)中国と米国向け建機需要拡大で見直し買い◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(179勝204敗) パフォーマンス:-73.3
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間2月13日~2月16日

    始値(3,951円)→終値(3,992円)

    この予想!自信あり

    【買い】コマツ(6301)中国と米国向け建機需要拡大で見直し買い◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    2月9日(金)13時24分みんなの株式
中国と米国向け建機需要拡大で見直し買い
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:機械
時価総額:38100億円
PER:23.39倍
PBR:2.23倍

【中国の建機需要に期待】
中国では習近平1強体制のもとで道路や鉄道などのインフラ工事が加速しており、同社の建機販売を後押ししている。また、米国ではパイプライン敷設工事に絡む需要が旺盛だが、今後トランプ政権下で大型インフラ投資政策への期待が膨らむ。さらにインドネシアでは鉱山機械が堅調であり、足もとの円高を考慮しても海外実需面から業績拡大要因に事欠かない。17年4~12月期の営業利益は前年同期比76%増の1881億8900万円と好調、通期予想に対する進捗率は87%に達しており上振れて着地する可能性があり業績の上振れに期待が掛かる

【4-12月期税引き前が2.1倍増益で着地・10-12月期も58%増益】
1月31日に決算を発表。18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は前年同期比2.1倍の2153億円に急拡大し、通期計画の2370億円に対する進捗率は90.9%に達し好調さが窺える。

【米鉱山機械子会社の営業利益率を21年3月期15%に高める】
12/8の一部報道によると「4月に買収した米鉱山機械子会社、コマツマイニング(旧ジョイ・グローバル)の売上高営業利益率を2021年3月期にも15%程度に高める計画だ」と報じられており、グループ全体の利益率向上への期待がかかる。記事によると、18年3月期の営業利益率は8.9%となる見通しだが、コマツとコマツマイニングの両社で部品修理拠点を相互に有効活用するほか、部材調達の共通化でコストを減らし、利益率を引き上げるという。また、鉱山機械の需要回復も利益を押し上げるとしている。

建機最大手でキャタピラーに次ぐ世界2位。産業機械や鉱山機械も強い。

最終更新:2月9日(金)16時46分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ