ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】アトラエ(6194)独自のサービスで業績拡大を続けるHR Techのリーディングカンパニー◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

大石やすし
大石やすし 勝率:44%(155勝196敗) パフォーマンス:-82.5
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想終了
  • 日本株 予想期間2月13日~2月16日

    始値(3,580円)→終値(4,200円)

    この予想!自信あり

    【買い】アトラエ(6194)独自のサービスで業績拡大を続けるHR Techのリーディングカンパニー◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

    2月8日(木)14時48分みんなの株式
独自のサービスで業績拡大を続けるHR Techのリーディングカンパニー
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像__ ★★★★★ 
役員画像___★★★★☆
デザイン性__★★★☆☆
使いやすさ__★★★☆☆
採用ページ__★★★☆☆
一言メモ___トップページに役職員紹介があり、社員の雰囲気が良いのは伝わってきますが。。サイトとしては少々使いにくく感じます。

【業務内容】
人工知能(AI)やビッグデータ解析技術等のテクノロジーを活用することにより求職者と求人企業の最適な人材のマッチングを行う。インターネット会社である同社では、時代の変化に適応したサービスを次々と生み出し続けられるような組織文化、ノウハウの蓄積を意識している。
事業の運営単位を常にフラットでミニマムに保ち、ベンチャーらしいスピード感・変化適応力を維持しながらメンバーの経営意識や責任感を高め、社会に提供する価値の最大化を図っている。

【業績面】
11/9に決算を発表。売上高が前期比39.5%増の18.30億円、営業利益が同43.6%増の5.60億円、経常利益が同47.8%増の5.55億円、当期純利益が同56.4%増の3.95億円となった。
主力事業である成功報酬型求人メディア「Green」において、求人企業と求職者のマッチング効率向上のためのコンテンツの拡充、ビッグデータ解析によるレコメンド精度の向上を実施している。
また登録者数の増加施策としてWebマーケティングの強化、新規登録求人企業獲得強化のための施策など、様々な取り組みを行った。この結果、新規登録求人企業は前期比24.0%増加し、入社人数は前期比37.4%の増加となった。2018年9月通期の業績予想は、売上高が前期比22.9%増の22.49億円、営業利益が同18.9%増の6.65億円、経常利益が同17.9%増の6.55億円、当期純利益が同14.7%増の4.53億円としている。決算発表予定日は2018/02/13。

【トピックスオピニオン】
同社は成功報酬型求人メディア「Green」など転職者向け求人サイトを運営するが、企業の求人需要の高さを背景に業績絶好調、18年9月期営業利益は前期比19%増の6億6500万円予想と前期の43%増益に続き2ケタ増益を確保する見通し。ビジネスマッチングアプリ「yenta」など、人工知能(AI)やビッグデータ解析技術を活用した求職者と企業のマッチングで他社との差別化を図る。安倍政権が掲げる「働き方改革」に乗るほか、AI関連の一角としても魅力を内包している。

2/14 13:00追記 昨日2018年9月期第1四半期決算を発表した。売上高が前期比31.2%増の4.96億円、営業利益が同50.4%増の1.50億円、経常利益が同49.2%増の1.48億円、四半期純利益が同49.2%増の1.02億円となった。
成功報酬型求人メディアGreenは、引き続き求人企業と求職者のマッチング効率向上のためのコンテンツの拡充、ビッグデータ解析によるレコメンド精度の向上をはじめとした登録者数の増加施策としてWebマーケティングの強化、新規登録求人企業獲得強化のための施策など、様々な取り組みを実施している。第1四半期の新規登録求人企業は175社(前年同期比19.9%増)、入社人数は543人(前年同期比36.8%増)となった。また、Greenに次ぐ新規事業として、組織改善プラットフォームwevox及び完全審査制AIビジネスマッチングアプリyentaを立ち上げている。wevoxは、昨年5月の正式リリース以降、既に導入企業は250社を超えるとともに、幅広い業種・業界の企業にサービスの提供を行っている。加えて認知拡大及び新規利用企業数の最大化を目的とし、アドバンテッジリスクマネジメントと業務提携契約を締結した。yentaは、当四半期においても、前事業年度に引き続きユーザー獲得に尽力するとともに、Android版アプリの有料機能をリリースするなど、サービス価値を高めるべく機能開発を行っている。
2018年9月通期の業績予想は、売上高が前期比22.9%増の22.49億円、営業利益が同18.9%増の6.65億円、経常利益が同17.9%増の6.55億円、当期純利益が同14.7%増の4.53億円とする期初計画を据え置いている。
また、同日に1対3の株式分割を発表した。効力発生日は2018年4月1日となる。好材料に株価は反応して先月の高値11500円を目指す動きに。

最終更新:2月14日(水)12時57分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ