ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】宮地エンジニアリンググループ(3431)幅広い受注増加により2期連続最高益の見通し◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:43%(164勝210敗) パフォーマンス:-59.1
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間2月7日

    始値(2,699円)→終値(2,420円)

    【買い】宮地エンジニアリンググループ(3431)幅広い受注増加により2期連続最高益の見通し◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    2月7日(水)8時46分みんなの株式
幅広い受注増加により2期連続最高益の見通し
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
宮地鉄工所、宮地建設工業が統合した総合エンジニアリング会社で、橋梁や鋼構造物の設計から架設、補修までを手掛ける。

2月6日の決算、18年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比44.3%増の27.3億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の26億円から30億円に15.4%上方修正し、2期連続で過去最高益を更新する見通し。
免耐震工事などの民間案件を幅広く受注し、採算性の高い工事が売り上がったこと、各工事の採算改善や業務全般にわたるコスト削減に努めた結果が奏功。
高速道路や新幹線などの大規模更新・修繕工事の保全・補修事業、東京五輪大会開催に伴う建築・土木関連事業などに経営資源を積極的に投入し経営基盤を強化する。併せて、i-Constructionの推進に積極的に取り組み、生産性を向上させ、一段の飛躍を図る。

チャート面では16年6月からの上昇に対して調整トレンドにあるが、2500円付近で反発を繰り返すことにより下値も限定的の感がある。2月6日の株式市場の全面安の中、下落するも陽線で引けていることから、反発上昇を想定する。

業種:金属製品
時価総額:181.4億円
PER:10.13倍
PBR:0.89倍

最終更新:2月7日(水)8時46分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ