ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ニチハ(7943)米国住宅向け外壁材が拡大◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:42%(155勝209敗) パフォーマンス:-93.8 2
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間2月1日~2月28日

    始値(4,330円)→現在値(4,355円)

    この予想!自信あり

    【買い】ニチハ(7943)米国住宅向け外壁材が拡大◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    1月30日(火)15時08分みんなの株式
米国住宅向け外壁材が拡大
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:ガラス・土石
時価総額:1851億円
PER:18.51倍
PBR:2.43倍

【米国住宅向け外壁材が業績拡大を牽引】
18年3月期通期の連結業績予想を売上高1190億円(前期比0.7%増)、経常利益140億円(同6.7%増)を見込んでいる。同社は一般的な戸建住宅の外壁材として使用される窯業系サイディング材の製造・販売が主力で、5割弱のシェアを持つ国内トップメーカー。
顧客の要望に合う幅広いラインアップを取り揃えることでシェアは拡大傾向が続いている。耐候性やメンテナンスコストに優れる高付加価値商品の国内での売上増加などが寄与し、増益基調を堅持している。さらに成長余地が限定的とされる国内だけでなく、米国を中心とする海外市場にも積極展開している。

【上期経常が16%増益で着地・7-9月期も10%増益】
昨年11/8に決算を発表。18年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比16.5%増の68.4億円に伸びたが、通期計画の140億円に対する進捗率は48.9%となり、5年平均の46.7%とほぼ同水準だった。
直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比10.1%増の41.3億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の12.7%→13.8%に上昇した。

【割安感が台頭】
窯業系外装材は米国向けに堅調続く公算であり、非住宅市場では新外壁材の販路拡大に注力をしている18.3期は増収増益見通し。時価近辺のPERは約18倍と割安感があり水準訂正が期待出来る。


窯業系外壁材の最大手。高級洋風外壁に特色があり商社経由の販売が中心。

(1/30現在)

最終更新:1月31日(水)15時23分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ