ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】オムロン(6645)生産性革命で制御機器トップ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:41%(154勝215敗) パフォーマンス:-111.8 3
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間2月1日~2月28日

    始値(6,870円)→現在値(6,130円)

    【買い】オムロン(6645)生産性革命で制御機器トップ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    1月29日(月)13時26分みんなの株式
生産性革命で制御機器トップ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:15620億円
PER:26.46倍
PBR:3.11倍

【生産性革命のIT系設投関連で注目】
生産性革命について安倍政権はロボットやIoT 、人工知能(AI)を駆使して生産性を劇的に高める最先端のイノベーションを起こすこと考えられる。制御機器トップの同社は恩恵が大きいと思われる。

【社会インフラが好調】
市場の一部では世界で最も現実的な「インダストリー4.0」の企業として評価。また自動車、デジタル、食品・日用品、社会インフラの注力4業界の好調を背景に、制御機器事業の成長が持続すると予想しており、18年3月期の営業利益を会社側が上期決算時に上方修正した850億円をさらに上回る930億円と予想。19年3月期も1164億円と21年3月期目標の1000億円を前倒しで実現すると見込んでいる。

【今期税引き前を21%上方修正、配当も8円増額】
10月31日に決算を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比73.6%増の410億円に拡大。併せて通期の同利益を従来予想の655億円→795億円(前期は654億円)に21.4%上方修正し、増益率が横ばい→21.4%増に拡大する見通しとなった。
業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の68円→76円(前期は68円)に増額修正した。決算発表予定日は2018/01/30。


制御機器大手。感知・制御技術が得意で車載部品や健康器具も展開。

(1/29現在)

2/5 12:50追記 人手不足で脚光を浴びる「省人化」関連の切り口で同社や豊田通商などが出資するKyoto Robotics(キョウトロボティクス)が注目されている。同社は、パレットに積まれた荷物の荷おろし(デパレタイズ)を自動化するシステムを開発し6月から販売する。独自の画像認識技術を使い、取り出す箱の事前登録を不要にしたのが特徴で、同じ箱でも異なる商品箱の混流でも対応が可能だという。今後も「省力化」はテーマになりそうだ。

最終更新:2月5日(月)12時51分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ