ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ヒューリック(3003)強気の長期経営計画を前倒し◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:42%(155勝209敗) パフォーマンス:-93.8 2
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間2月1日~2月28日

    始値(1,400円)→現在値(1,209円)

    この予想!自信あり

    【買い】ヒューリック(3003)強気の長期経営計画を前倒し◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    1月26日(金)16時29分みんなの株式
強気の長期経営計画を前倒し
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:不動産
時価総額:8805億円
PER:22.02倍
PBR:2.46倍

【ホテル20年春開業めざす】
京都市は昨年11月、繁華街の四条河原町に近い元立誠小学校(中京区)の跡地活用で、同社と地元自治会との間で覚書を結んだ。旧校舎の文化的・歴史的価値を生かし、1階部分を商業施設や映画上映イベントなどを開く多目的スペースに、2階より上は宿泊施設として活用し、2020年春の開業を目指す。1階部分には、物販やカフェ・レストランなどが入居する。地域住民に配慮して校庭だったスペースでは地元の夏祭りなどを引き続き開催できるようにするほか、1階に図書館も設ける。ちなみに立誠小は1869年(明治2年)に開校して1993年に閉校した。

【強気の長期経営計画】
長期経営計画で掲げた利益目標を3年前倒しする見通しとなった。従前は23年12月期に連結経常利益を850億円(16年12月期514億3200万円)まで引き上げる計画だったが、20年12月期に達成する見込みだという。オフィスビルや商業施設の賃貸事業が好調なことが寄与している。

【今期経常を5%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も2円増額】
10月30日に決算を発表。17年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比5.9%増の404億円に伸びた。 併せて、通期の同利益を従来予想の570億円→600億円(前期は514億円)に5.3%上方修正し、増益率が10.8%増→16.7%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。
なお決算発表予定日は2018/01/30。


不動産投資会社。都区内に好物件所有、物件多角化へ。私募ファンドも運用。

(1/26現在)
1/31 15:20追記 1/30に決算を発表。17年12月期の連結経常利益は前の期比20.3%増の618億円になり、18年12月期も前期比10.7%増の685億円に伸びを見込み、7期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。7期連続増益になる。同時に、前期の年間配当を20.5円→21円(前の期は17円)に増額した。

2/7 13:00追記 上記決算の修正は、株主への適切な利益還元を経営課題と位置付け、安定した配当の継続を基本方針としつつ業績動向を踏まえた配当を行なうことも重視する姿勢のようだ。

最終更新:2月7日(水)13時07分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ