ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ナブテスコ(6268)ボーイングの商用機出荷が過去最高◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:43%(164勝210敗) パフォーマンス:-59.1
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月22日~1月26日

    始値(5,350円)→終値(5,150円)

    この予想!自信あり

    【買い】ナブテスコ(6268)ボーイングの商用機出荷が過去最高◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    1月18日(木)19時23分みんなの株式
ボーイングの商用機出荷が過去最高
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:機械
時価総額:6569.5億円
PER:27.48倍
PBR:4.10倍

【FA関連機器の需要を支える新興国】
精密減速機のトップメーカーである同社は航空機向けに機体コントロールの中核となる操縦系統システムや各種装備品を提供している。米国株市場ではボーイングの2017年の商用機出荷台数が過去最高になった模様で、同社株の取引先であるボーイングの今後の商用機出荷台数に期待が掛かる。

【産業ロボット用精密減速機で世界シェア6割を占める】
1/5には北米における波動歯車装置事業の拡大を行っている。ハーモニック社が実施する新株式発行等による資金調達に際して、モーション・コントロール分野における協業関係を継続するとの事で同社の企業価値向上に期待がかかる。

【7-9月期も23%増益】
10/31に決算を発表。17年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結税引き前利益は前年同期比36.4%増の261億円に拡大し、通期計画の321億円に対する進捗率は81.3%となった。
次回決算発表予定日は2018/02/09。

産業ロボット用精密減速機は世界シェア6割占め、自動ドアで世界トップ級。帝人製機とナブコは油圧機器事業の業務提携をきっかけとして、両社の製品構造、コア技術、企業戦略、さらには企業文化を相互に確認。

最終更新:1月19日(金)17時17分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ