ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】THK(6481)協働ロボットで変わる職場◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:43%(164勝210敗) パフォーマンス:-59.1
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月22日~1月26日

    始値(4,745円)→終値(4,635円)

    この予想!自信あり

    【買い】THK(6481)協働ロボットで変わる職場◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    1月18日(木)19時14分みんなの株式
協働ロボットで変わる職場
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:機械
時価総額:6117.2億円
PER:24.97倍
PBR:2.15倍

【世界市場は23年に20倍超に】
協働ロボットは、人と同じ作業スペースに設置することを前提とし、これまでの産業ロボットのように安全確保のための柵で囲う必要がないのが特徴。また多品種少量生産にも対応可能なことから、生産設備の自由度が増し、今までロボットの導入を見送っていた現場や、ロボットの設置が難しいとされてきた工程でも自動化を実現することができる。
協働ロボットが必要とされている背景には、人手不足の解消と生産性の向上が挙げられる。

【今期最終を15%上方修正、未定だった配当を56円に修正】
11月13日に決算を発表。17年12月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比3.4倍の178億円に急拡大し、従来予想の146億円を上回って着地。併せて、通期の同利益を従来予想の202億円→233億円に15.3%上方修正した。市場の一部では、17年12月期の連結営業利益を従来予想の290億円から301億円(会社予想280億円)、18年12月期は同344億円から430億円と見る向きもある。
決算発表予定日は2018/02/14。

【ロボットプラットフォームの開発】
同社は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「人と共働して軽作業するロボットプラットフォームの開発」に取り組んでいる。また、現状は旺盛な受注に生産能力が追いついていないが、着実な能力増強効果が徐々に顕在化しコンセンサスの切り上がりが期待され、同時に現在株価の是正が進むと指摘。加えて来年には新中計の発表が期待される上、来期予想配当利回りはFA関連内では好感する数字である。

直動システム大手。工作機械向け主力。LMガイドなど世界シェア首位。

最終更新:1月19日(金)17時17分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ