ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

ダウ平均2万6000ドル突破、日本株は26年ぶりの大台達成!= フェアトレード 西村剛

西村剛
西村剛 勝率:50%(105勝104敗) パフォーマンス:-14.0
2012・2013年株-1グランドチャンピオン
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。
予想終了
  • 日経平均 予想期間1月19日

    ダウ平均2万6000ドル突破、日本株は26年ぶりの大台達成!= フェアトレード 西村剛

    1月18日(木)18時26分みんなの株式
再度大台の2万4000円を目指して上昇する期待が持てる
【1月18日の日経平均の動き】
18日の日経平均は前日比104円97銭安。
前日の米株市場でダウ工業株30種平均が2万6000ドルを突破した流れで、東京市場でも買いが先行し朝方に一時2万4000円に突入。
ただ、高値警戒感から国内投資家らから利益確定売りが出て、午後には下げに転じた。


【1月18日15時時点の為替相場】
一方で円相場は、18日15時56分時点では1ドル=111円18~19銭と、前日17時時点に比べ42銭の円安・ドル高水準で推移。
米経済の先行き見通しに楽観ムードが出始めドル買いが先行、日経平均株価の上昇に連動した円売りも出て下げ幅を広げた。


【1月19日に注目の業種】
為替が円安方向に進んでいる今、円安の進行を受けて外需株を中心に上昇すると期待できる。
日本市場全般で堅調な推移となる可能性があり、このような状況では以下に挙げるような、過去の統計上、円安時に株価上昇しやすかった銘柄に注目したい。

<円安メリット業種>
※2013~2015年の円安進行時において特に上昇傾向が強かった業種

1.電気機器(前週比+1.67%)
2.輸送用機器(同-1.01%)
3.化学(同-1.25%)
4.精密機器(同-1.38%)

これらのうち精密機器は、前週との比較で下落しており出遅れ感があることから、これから人気化する可能性があると考えられる。

もし為替がこのまま円安に向かうのであれば日本株が上昇しやすい地合になると考えられるため、1月19日の日本株は【大幅高になる】と予測する。

最終更新:1月18日(木)18時26分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ