ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】カイオム・バイオサイエンス(4583)開発進める抗体、特許付与に成功◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:47%(184勝204敗) パフォーマンス:-76.6
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月18日

    始値(424円)→終値(413円)

    【買い】カイオム・バイオサイエンス(4583)開発進める抗体、特許付与に成功◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    1月18日(木)8時38分みんなの株式
開発進める抗体、特許付与に成功
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
独自の創薬基盤技術であるADLib(アドリブ)システムを核として、抗体医薬品の研究開発支援及び研究開発等を手掛ける創薬ベンチャー。医薬品候補抗体導出と技術供与を収益源としている。

11月14日の決算、17年12月期第3四半期の業績は売上高が前年同期比6.4%増の1.86億円、経常損失が5.75億円となり、経常損失は前年の同8.27億円から縮小した。
ADCT社よりライセンス契約一時金を受領したことなどが寄与、今後、ADCT社において研究開発が推進され各ステージに設けられた開発マイルストーンを達成できた場合には、その進捗に応じたマイルストーン料を受領し、上市された場合には、各年度の売り上げに応じたロイヤルティと販売総額に応じた販売マイルストーン料を受領する予定としている。
1月17日、同社が開発を進めているDLK-1抗体に関して、日本における特許付与の決定通知を受領したと発表し、今後の業績向上に期待したい。

チャート面では昨年末からの上昇で200日線奪回に成功。16年4月から続いていた軟調な相場に対し、上昇トレンド転換入りへのきっかけとなるだろう。

業種:医薬品
時価総額:104.9億円
PER:非公表
PBR:2.24倍

1/18 11:55追記 ニュースを好感されギャップアップスタート。200日線もしっかり上放れ、日足一目均衡表において三役好転も確認。更なる上昇に期待する。

最終更新:1月18日(木)11時57分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ