ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】住友金属鉱山(5713)スマホ、車載向け電池材料の需要が増加◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(165勝191敗) パフォーマンス:+27.9
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間1月15日~1月19日

    始値(5,512円)→現在値(5,379円)

    この予想!自信あり

    【買い】住友金属鉱山(5713)スマホ、車載向け電池材料の需要が増加◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    1月12日(金)13時54分みんなの株式
スマホ、車載向け電池材料の需要が増加
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:非鉄金属
時価総額:16000億円
PER:23.34倍
PBR:1.52倍

【銅、ニッケルなど非鉄市況の上昇を好感】
原油市況の上昇に歩調を合わせるように非鉄市況も上昇しており、1/10はLME銅先物価格が1トン当たり51ドル高の7153ドルに買われたほか、アルミやニッケル市況なども上昇している。これを背景に非鉄セクターには期待が掛かる。非鉄金属価格の上昇は、中国のインフラ投資の拡大や強靭な米国経済が需要を支えていることが大きな要因。供給面では中国の環境規制強化に伴う製錬工場の稼働停止やインドネシアやフィリピンなどの鉱石輸出規制の強化などがタイト感をもたらしている。いうまでもなく、この非鉄価格の上昇は非鉄精錬を手掛ける同社に追い風となる。

【営業利益を750億円から890億円へ修正】
11/10に出た決算は18年3月期連結業績予想の増額修正を発表した。売上高を8550億円から9030億円(前期比14.9%増)へ、営業利益を750億円から890億円(前期比16.5%増)へ修正した。銅やニッケルなどの市況上昇により業績は改善する。市場では今3月期の連結営業利益は970億円前後を見込んでいる。、

【クロマイト回収事業への参入を発表】
12/19には主にステンレス鋼の原料となるクロマイトの回収事業へ参入すると発表しており、フィリピン子会社のタガニートHPALニッケル(THPAL)社にクロマイトの回収プラントを建設し、20年から生産を開始する予定。クロマイトは、中間製品であるフェロクロムに製錬加工され、ステンレス鋼をはじめ特殊鋼向け原料として幅広く使用されているが、このクロマイトをTHPAL社のニッケル・コバルト混合硫化物の製造工程から回収するという。なお投資額は3100万ドル(約35億円)を予定している。


非鉄金属と電子材料が両輪でニッケルも強みを持つ。海外鉱山開発など重点投資を展開。

最終更新:1月12日(金)15時36分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ