ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ラクオリア創薬(4579)導出先である創薬ベンチャーが一部地域除く全世界権利ライセンス取得。思惑発生。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:45%(32勝38敗) パフォーマンス:-142.5
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月12日

    始値(2,850円)→終値(3,050円)

    【買い】ラクオリア創薬(4579)導出先である創薬ベンチャーが一部地域除く全世界権利ライセンス取得。思惑発生。

    1月12日(金)8時44分みんなの株式
■続伸期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
ファイザー日本法人の中央研究所が前身。2007年の同研究所閉鎖で、研究所長だった長久厚氏らが中心となって創薬企業を設立。研究者らの移籍により事業をスタート。新規の開発化合物の導出による収益獲得が事業戦略の基本で、創薬は探索研究から臨床第2相試験までカバー。疼痛管理領域および消化器疾患領域が中核。子会社テムリックでがん領域に参入。名古屋大学と密接、共同研究にも力注ぐ。ファイザーは現在も主要株主だが共同開発などはない。

15日に、同社の導出先である創薬ベンチャーのAskAtが、構造の異なる2つのEP4拮抗薬(AAT-007及びAAT-008)について、米Arrys Therapeuticsに中国及び台湾を除く全世界の権利をライセンスしたと発表。この契約でAskAtは総額12億ドルを超える契約一時金、マイルストーンペイメント(達成一時金)及び販売ロイヤリティーを受け取る権利を有するとしており、思惑買いが入り1000円近辺から下旬までに2倍達成。

12月25日に、17年12月期の連結経常損益を従来予想の7億7700万円の赤字→3億3300万円の赤字に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなったことが買い材料視された。

選択的ナトリウムチャネル遮断薬のライセンス契約を結んだマルホ社から契約一時金を受領したほか、他の案件でマイルストーン収入やロイヤリティ収入が想定より伸びたことが寄与。臨床試験の遅延や経費削減の進展で採算が改善することも上振れに大きく貢献する。

[出典:株探]

上昇修正の翌日は大幅反発となりましたが、長い上髭を形成し陰線。
しかし27日は包み陽線が示現し、28日にも期待が持てます。
15日からの流れをみると同銘柄に多大な資金が流入しており、まだ相場は継続しそう。
青天井相場で、9日高値を再度上回ってくる動きを想定。

最終更新:1月12日(金)8時44分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ