ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】三井海洋開発(6269)ブラジルでの受注を評価◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

大石やすし
大石やすし 勝率:45%(133勝160敗) パフォーマンス:-52.0
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想終了
  • 日本株 予想期間1月4日~1月31日

    始値(2,920円)→終値(3,025円)

    この予想!自信あり

    【買い】三井海洋開発(6269)ブラジルでの受注を評価◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

    12月25日(月)17時47分みんなの株式
ブラジルでの受注を評価
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像___★★★★★ 
役員画像___★☆☆☆☆ 
デザイン性__★★★☆☆
使いやすさ__★★★☆☆
採用ページ__★★★☆☆
一言メモ___役員の紹介はあるが画像が無いのが残念。採用ページの社員紹介では超高学歴の方ばかりで恐れ入りました。全体的にわかり易いつくりです。

【業務内容】
浮体式の海洋石油・ガス生産設備の製造などを展開。洋上風力発電システムも手掛ける。

【業績面】
1-9月期(3Q累計)経常が73%増益で着地・7-9月期も2.2倍増益。
11/2に決算を出す。17年12月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比73.1%増の183億円に拡大し、通期計画の250億円に対する進捗率は5年平均の54.5%を上回る73.5%に達した。直近3ヵ月の実績である7-9月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の101億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.5%→15.2%に急改善した。

【トピックスオピニオン】
12/19ブラジルの国営石油会社ペトロブラス社からFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)1機の建造とチャーター契約を受注したと発表した。今回受注したFPSOは、ペトロブラス社がオペレーターを務めるブラジル沖合プレソルト層メロ鉱区の開発プロジェクトに使われるもので、同社はFPSOの設計から機器購入、建造、据付までの一括工事を請け負う。10月のセピア鉱区向けFPSOに次ぐペトロブラス社からの大型案件獲得による収益基盤の拡大に期待がかかる。原油価格の下落などから2014/11からFPSOの受注が止まっていたが今年10月から受注がが再開し案件が動きだし、インドやアフリカで新規受注を目指す。

(12/25現在)

1/5 10:30追記 昨年12月下旬以降、原油先物価格の上昇が目立っており、前日のWTI原油先物価格は終値ベースで38セント高の1バレル=62ドル01セントと大幅続伸、約2年7カ月ぶりの高値水準に浮上しており、これを受けてエクソンモービルやシェブロンなどのエネルギー関連株が買われた。東京市場でも原油高に伴う事業採算の改善期待が、資源開発を手掛ける企業に資金の矛先が向かっている。

1/15 11:30追記 1/9付けにて同社IRにてブラジル沖合プレソルト層セピア鉱区向け超大水深対応FPSO 傭船事業を三井海洋開発、三井物産、商船三井、丸紅及び三井造船の5 社で推進することを発表した。今回の合意は、三井海洋開発が設立済のオランダ法人Sepia MV30 B.V. に三井物産、商船三井、丸紅及び三井造船が出資参画し、5 社で本案件を共同推進するものだ。MV30 社は、ブラジル国営石油会社であるPetroleo Brasileiro S.A.(「ペトロブラス」)と2017 年10 月13 日に21 年間の長期傭船契約を締結済みであり今後の業績拡大に期待が掛かる。

最終更新:1月15日(月)11時30分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ