ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】資生堂(4911)好調なインバウンド化粧品需要◆あすなろ投資顧問 大石やすし◆

大石やすし
大石やすし 勝率:50%(162勝156敗) パフォーマンス:-53.2
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想中
  • 日本株 予想期間1月4日~1月31日

    始値(5,486円)→現在値(5,701円)

    この予想!自信あり

    【買い】資生堂(4911)好調なインバウンド化粧品需要◆あすなろ投資顧問 大石やすし◆

    12月25日(月)17時36分みんなの株式
好調なインバウンド化粧品需要
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像___★★★★★   
役員画像___★★★★★ 
デザイン性__★★★☆☆
使いやすさ__★★★☆☆
採用ページ__★★★☆☆
一言メモ___社長や役員の画像は全員あり、好感が持てる。役員は12人中4人が女性で業態柄うなずけます。デザイン性は期待値が高い分もっとオシャレ感があって欲しいところです。

【業務内容】
化粧品大手。トイレタリー・医薬品に多角展開しブランド再構築や風土改革進める。

【業績面】
11月9日に決算を発表。17年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結最終損益は169億円の赤字(前年同期は371億円の黒字)に転落した。
同時に、通期の同利益を従来予想の100億円→50億円(前期は321億円)に50.0%下方修正し、減益率が68.8%減→84.4%減に拡大する見通しとなるが、Bare Escentuals, Inc.に係るのれんの減損損失額の算定プロセスにおいて、商標権および顧客関連無形資産などの減損に伴う繰延税金負債の取り崩し影響が、のれん以外の資産減損後の簿価純資産に反映されていないことを今般、認識した。そのため当該影響を反映し、のれん等の無形固定資産などの減損損失額を655億円から、707億円に修正したとの事。その為今後の減損懸念が無くなり悪材料出尽くしとなり、株価は見直し買いが続くと思われる。

【トピックスオピニオン】
インバウンド需要の復活を意識させたのは8/9に発表した17年12月期業績予想の上方修正。同社が展開する中高価格帯のブランドがインバウンド需要などを背景に好調を極め全体収益に貢献、今期の営業利益は会社側の従来計画である455億円を100億円以上も上回る560億円まで増額した。日本の化粧品は中国人観光客などに大人気、化粧品の輸出額と輸入額が逆転したことが反映され、いったん日本で購入した後は、越境ECによるリピーターに変わり継続的な買い需要が発生する好循環のビジネスモデルとなっている。11/7には米国ベンチャー企業Giaran Inc.買収を発表しAIを応用したパーソナライゼーション技術を取得した。ビューティー分野におけるパーソナライゼーションをさらに進め、新しい消費者体験を生み出ことに期待する。

(12/25現在)

1/11 11:00追記 株式会社資生堂のスキンケアブランド「専科」は、30-40代の女性・16名を対象とした「ストレス負荷時の肌生理に関する測定試験」を実施した。その結果、精神的なストレスにより頬の皮脂分泌量が増加することが明らかに。また、全国の20-59歳の女性・1,041名を対象に「現代女性の生活実態」に関する意識調査も併せて実施し、働く女性の81.8%が日常生活でストレスを感じている実態も浮き彫りになった。
今回実施した「ストレス負荷時の肌生理に関する測定試験」では、30-40代の女性・16名に対し、初対面の人物との面接などにより精神的ストレスを与えた後に、頬部の皮脂分泌量を専用測定器(Sebumeter)で測定し、精神的ストレスを与えない場合の皮脂分泌量と比較しました。その結果、精神的ストレスを与えた場合では、与えない場合に比べ、皮脂分泌量が約1.7倍に増加することが確認された。

1/15 14:30追記 石井啓一国土交通大臣が前週末12日の閣議後記者会見で17年の訪日観光客数が2869万人となったことを発表、前年比で約2割の増加となり、これを受けインバウンド需要が収益に貢献する企業群に買いが向かっている。安倍政権では日本を観光立国とすることを成長戦略の柱のひとつに据えており、その効果が出ており今後もインバウンド需要に期待が掛かる。

1/17 13:00追記 前日に観光庁が発表した2017年の訪日外国人旅行消費額(速報)は前年比17.8%増の4兆4161億円で年間の過去最高額を大幅に更新、初の4兆円突破となった。また、10~12月期ベースでは1兆1400億円と前年同期比27.8%の伸びを示し今後に期待が掛かる。

1/19 12:10追記 総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」本日、資生堂 本店としてグランドオープン 。
資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE GINZA」は長年の研究や蓄積に裏付けられさらに進化し続ける「知見」「技術」「ブランド価値」「文化的価値」を体現した資生堂 本店に本日グランドオープン。
銀座を訪れる国内外のお客さまに対し、同社が培ってきた美のソリューションを総合的に提案する唯一の施設だ。今回1フロア増床し、多様化するお客さまのニーズに応えるべく、化粧品販売に留まらず、エステティックやヘアメイクアップなどの美容サービス、フォトスタジオでの撮影サービス、個室での美容レッスン、素材にこだわったカフェ、美容セミナー等のコンテンツを用意した。それぞれの分野の美容のスペシャリストが、お客さまの「日ごろの美に関する悩み」から、「特別な日のためにかなえたい美」まで、さまざまなライフスタイル、オケージョンに寄り添った美容ソリューションを提案し、一人ひとりの最高の美しさを実現する。
インバウンド向けに好調が期待され銀座のランドマークになる可能性も今後はある。

最終更新:1月19日(金)12時11分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ