ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ダイキン工業(6367)インドの伸びに今後は注目◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:48%(187勝201敗) パフォーマンス:-171.1
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月4日~1月31日

    始値(13,550円)→終値(13,095円)

    この予想!自信あり

    【買い】ダイキン工業(6367)インドの伸びに今後は注目◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    12月25日(月)11時58分みんなの株式
インドの伸びに今後は注目
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:機械
時価総額:39000億円
PER:23.27倍
PBR:3.13倍

【今期経常を3%上方修正・最高益予想を上乗せ】
11/7に決算を出す。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比7.1%増の1496億円に伸びた。通期の同利益を従来予想の2420億円→2490億円(前期は2310億円)に2.9%上方修正し、増益率が4.8%増→7.8%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想を出した
会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比8.9%増の993億円に伸びる計算になる。

【インドが決めてになって来る】
中国が最も注目された市場だったが、今後はインドに目線が移る、とみている。また世界的な環境規制が強化されるなか、持続可能な成長に向けた活動を強めており期待がかかる。

【テクニカル面では中期上昇トレンドが出現】
日足チャートでは9/15にゴールデンクロスを達成しその後は25日線をサポートに下値切り上げを継続している。

エアコンで世界トップ。業務用では国内断トツ。化学事業も展開。

(12/25現在)

12/26 13:00追記 同社は、2017年7月に締結した大阪大学との情報科学分野を中心とした包括連携契約にもとづき、大阪大学の教授が当社社員を教育し、AI活用を推進する中核的な人材を育成する社内講座『ダイキン情報技術大学』を2017年12月5日よりテクノロジー・イノベーションセンター内に開講する。働き方改革を背景に人材育成に力を入れ企業価値を高める方針だ。

最終更新:12月27日(水)16時36分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ