ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】三菱商事(8058)割安感が強い大手商社、資源関連への見直し◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:48%(187勝201敗) パフォーマンス:-171.1
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月4日~1月31日

    始値(3,171円)→終値(3,050円)

    この予想!自信あり

    【買い】三菱商事(8058)割安感が強い大手商社、資源関連への見直し◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    12月25日(月)11時58分みんなの株式
割安感が強い大手商社、資源関連への見直し
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:卸売業
時価総額:48700億円
PER:9.72倍
PBR:0.92倍

【原油相場の上昇を受けて、資源関連への見直しへ】
11/6に決算を出す。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比41.2%増の2539億円に拡大した。通期の同利益を従来予想の4500億円→5000億円(前期は4402億円)に11.1%上方修正し、増益率が2.2%増→13.6%増に拡大し、10期ぶりに過去最高益を更新する見通し。

同社は「中期経営戦略2018」において、金属資源分野については、投融資残高を一定に保ちつつ積極的に資産入れ替えをするとしており、その注力分野を原料炭と銅としている。さらに一般炭権益の一部売却を検討していると従前から決算説明会資料で開示している。

金属資源分野の投融資残高を維持するために次の投資案件が採算を確保出来るのか注目したい。なお、同社は投融資レバレッジが現状適正水準を超えているため、3千億円程度の有利子負債圧縮を進めたい意向であり。再投資ではなく財務体質改善に充当して行くと思われる。

【割安感が強い】
時価近辺ではPER9倍台、PBR0.8倍台、配当利回りも3%台と指標面においても投資妙味は大きいと思われる。

三菱グループの中核をなす総合商社大手。資源分野は豪州原料炭に強み。非資源分野を強化中。17年2月にローソンの連結子会社化完了。17.3期は減損縮小や資源価格上昇などで利益急回復。

(12/25現在)

1/5 10:20追記 昨年12月下旬以降、原油先物価格の上昇が目立っており、前日のWTI原油先物価格は終値ベースで38セント高の1バレル=62ドル01セントと大幅続伸、約2年7カ月ぶりの高値水準に浮上しており、これを受けてエクソンモービルやシェブロンなどのエネルギー関連株が買われた。東京市場でも原油高に伴う事業採算の改善期待が、資源開発を手掛ける企業や商社セクターに資金の矛先が向かっている。

1/11 11:00追記 足元の業績好調の最大の要因に原料炭の価格上昇だが、非資源分野の収益向上もある。投資先に幹部人材を送り込み、経営への関与を強化するする戦略の結果が出ている。同社の関連会社は持ち分適用会社を含めて約1200社ある。派遣される社員数は2017/4の時点で1695人と前年より80人増えた。また、資源に偏っていた事業構成を見直し2009年には純利益に占める金属・エネンルギー事業の比率が8割まであったが今期は47%まで低下して生活産業や機械の非資源比率を高めている。

最終更新:1月11日(木)11時03分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ