ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】富士フイルムHD(4901)ESG投資銘柄の切り口も◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(165勝191敗) パフォーマンス:+30.2
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間12月18日~12月22日

    始値(4,663円)→終値(4,691円)

    この予想!自信あり

    【買い】富士フイルムHD(4901)ESG投資銘柄の切り口も◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    12月15日(金)10時37分みんなの株式
ESG投資銘柄の切り口も
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:化学
時価総額:23800億円
PER:19.01倍
PBR:0.94倍

【上期税引き前が56%増益で着地・7-9月期も4%増益】
10/31の決算では18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比55.7%増の1001億円に拡大し、通期計画の2000億円に対する進捗率は50.1%に達し、5年平均の37.2%も上回った。

【再生医療関連産業の動向にも注目】
2014年の医薬品医療機器法の法律制定により、加速された再生医療に注目が集まる。京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授は、再生医療は第2ステージに入ると見ている模様。再生医療は2030年に国内市場1兆円、世界市場5.2兆円の有望市場だが、当面は細胞治療より創薬支援分野が先行するであろう。細胞の大量培養に関わる培地・培養装置などの周辺機器、材料関連メーカーである同社にも関心が高まる。

【ESG投資銘柄の切り口も】
一部報道によると「2500兆円超え、世界で急拡大“ESG投資”とは」と特集した。ESGのEに注目して“環境金融”という言葉も氾濫し始めている。重点課題として同社は2000万トンのCO2削減、水汚染の軽減、環境負荷の少ないエネルギー創出への寄与の3つを挙げている。地球環境に関し、社外で製品として貢献できるものとしては、太陽電池用、およびガス分離の部材を取り上げている

傘下に富士ゼロックス精密機器・化学メーカー。デジカメやフィルム等写真関連、半導体材料、複写機など情報機器の他、医療関連事業、高機能材料製造を展開。

最終更新:12月15日(金)16時39分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ