ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ビックカメラ(3048)インバウンド消費の復活で2期連続最高益更新へ◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

大石やすし
大石やすし 勝率:50%(160勝156敗) パフォーマンス:-45.6 2
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想終了
  • 日本株 予想期間12月11日~12月15日

    始値(1,603円)→終値(1,672円)

    この予想!自信あり

    【買い】ビックカメラ(3048)インバウンド消費の復活で2期連続最高益更新へ◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

    12月8日(金)11時47分みんなの株式
インバウンド消費の復活で2期連続最高益更新へ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像___★★★☆☆   
役員画像___見当たらず
デザイン性__★★★☆☆
使いやすさ__★★☆☆☆
採用ページ__★★★☆☆
一言メモ___すでに認知度も高いので、実店舗イメージに近づけた仕様にしたと推測。これはこれで正解と言えよう。使いやすさだけは今後も追求してほしい。

【業務内容】
ターミナル駅周辺で大型家電量販店大手。ネット販売も手掛け傘下にコジマを持つ。

【業績面】
18.8期は2桁営業増益計画。コジマの利益成長やソフマップの収益改善などが寄与。テレビや家庭電化商品全般の好調な伸びを見込む。今期業績計画は評価材料。PERには上値余地があり、上値追いに期待が掛かる。

【トピックスオピニオン】
11/16には人工知能(AI)を搭載したスピーカー「Clova WAVE(クローバウェーブ)」を17日から同社など家電量販店で発売すると発表。これまでのネット経由の販売にとどまらず、実店舗で発売することで消費者が商品に触れることが可能となり、販売促進につながる。AIスピーカーは現在、アマゾンの「アマゾンエコー」とグーグルの「グーグルホーム」と合わせ三つ巴の争いとなっている。また、11/28にビックカメラセレクト原宿店をオープンした。学生を中心に若い女性の人通りが多い原宿・竹下通りへの出店を考慮し、化粧品やくすり、日用品、美容家電を中心に、SNS などで話題のインスタントカメラのチェキやおしゃれな雑貨、文房具など、取扱い商品をセレクトした。また、国内外問わず観光客が多いことから、旅行用品やお土産品などの売り上げも期待出来る。12月のクリスマスシーズンや年始年末のお年玉企画が期待される。

最終更新:12月8日(金)17時37分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ