ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ニトリホールディングス(9843)お値段以上の投資妙味あり◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:44%(169勝209敗) パフォーマンス:+27.9
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間12月4日~12月8日

    始値(18,280円)→終値(17,695円)

    【買い】ニトリホールディングス(9843)お値段以上の投資妙味あり◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    12月1日(金)15時21分みんなの株式
お値段以上の投資妙味あり
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種: 小売業
時価総額:20700億円
PER:30.24倍
PBR:4.80倍

【 コスト増も織り込み済、見直し買い期待】
18年2月期第2四半期累計の連結決算を9/27に発表。売上高は2839億4700万円(前年同期比11.5%増)、営業利益は481億4200万円(同2.1%減)、最終利益は350億3300万円(同6.7%増)。第2四半期連結累計期間では、接触冷感機能が好評の「Nクール」シリーズの寝具・寝装品が売り上げを牽引したほか、ソファや自社開発のベッドマットレス「Nスリープ」シリーズが好調に推移し、前年同期を大きく上回る売上高となった。また、渋谷公園通り店をはじめとした都市部の出店を加速させ、新たな客層を獲得し、都市部でのシェアを拡大した。これにより売り上げは前年に比べ拡大したものの、前年同期の18店舗の出店に対して、当第2四半期連結累計期間では30店舗を出店したため、人件費や賃借料および新規出店にかかるコストが増加したほか、既存店の計画改装の推進により展示什器費などが増加したことで販管費率が上昇したため、 前年同期との比較では増収減益の結果となった。18年2月期の連結営業利益は会社予想990億円に対し1030億円(前期比20%増)と増額修正を予想。為替予約レートの改善で仕入れ原価の低減が進む見通しであり、積極出店もあり31期連続増収増益を見込む。今後も「新商品投入」「都市部展開」「小型フォーマット展開」「海外事業」などの事業展開が今後有望とされる。

【11月既存店売上高5カ月ぶりに前年下回る】
11/22に発表した11月度(10月21日~11月20日)の国内売上高で、既存店売上高は前年同月比1.9%減と5カ月ぶりに前年実績を下回ったが、織り込み済みとの見方が強い。キッチン用品やトイレ・バス用品は引き続き堅調な売れ行きだが、11月度は気温の低下が進まず、コタツやラグなどの秋冬物商品の売り上げが伸び悩んだ。また10月下旬の週末における2度の台風上陸により客足が鈍ったとのこと。

大型家具からインテリア用品まで扱う家具店を全国チェーン展開。カーテン、キッチン・ダイニング用品等のホームファッション商品が売上を牽引、引き続き都市型店舗が新客層の拡大に寄与する模様。

最終更新:12月1日(金)15時21分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ