ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】フォスター電機(6794)業績の劇的な変化を評価◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

大石やすし
大石やすし 勝率:49%(134勝139敗) パフォーマンス:-95.8 2
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想中
  • 日本株 予想期間12月1日~12月29日

    始値(2,972円)→現在値(2,707円)

    【買い】フォスター電機(6794)業績の劇的な変化を評価◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

    11月30日(木)10時16分みんなの株式
業績の劇的な変化を評価
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像___★★★★☆
役員画像___見当たらず 
デザイン性__★★☆☆☆ 
使いやすさ__★★★☆☆ 
採用ページ__★★★★☆ 
一言メモ___ある意味では成長産業とも斜陽産業ともいえるセクターですが、ニッチな音好きな層と、AIスピーカー等のニーズと、どの程度網羅的に見ていくのか。サイトからはそのあたりのメッセージは見えてきませんでした。

【業務内容】
音響機器・部品メーカーでスマホ向けと車載向けが主軸。米アップル向け売上比率が高い。配当性向20%以上目標とし生産は東南アジアにシフト中。

【業績面】
10/30決算を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益が前年同期比142倍の39.7億円に急拡大して着地した。主要顧客による新機種の出荷が本格化し、スマートフォン用ヘッドセットの販売が拡大したことが寄与。車載用スピーカーの伸長に加え、歩留まりや生産性が改善したことも大幅増益に貢献した。通期計画の60億円に対する進捗率は66.2%に達しており、業績上振れを期待。

【トピックスオピニオン】
中期経営目標でROE10%超(17.3期実績1.8%、最近5年間平均7.3%)を掲げる。また、スマートフォン用の高付加価値の追求し、自動車用は自動運転時代に向けた取組みを開始し、同社のコアビジネスへの展開を図る、新市場の開拓・新製品の開発も計画に上げ業績の拡大を目指す。
またiPhoneXの購入拡大は必至と見てよいため、ヘッドセットに強いフ同社のAIスピーカーへの対応も怠りないため期待できる。

(11/30現在)

最終更新:11月30日(木)10時16分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ