ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】三菱電機(6503):アジアでも人件費高騰に伴う自動化投資の流れに乗る◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:44%(169勝209敗) パフォーマンス:+43.5
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間12月1日~12月29日

    始値(1,869円)→現在値(1,866円)

    【買い】三菱電機(6503):アジアでも人件費高騰に伴う自動化投資の流れに乗る◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月28日(火)16時49分みんなの株式
アジアでも人件費高騰に伴う自動化投資の流れに乗る
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:40000億円
PER:16.00倍
PBR:1.84倍

【今期税引き前を6%上方修正・最高益予想を上乗せ】
7/31の決算を発表し3期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通し。
18年3月期業績について営業利益段階で従来予想の3000億円(会社側計画)から3200億円(前期比18.5%増)に上方修正の見方もあり、中長期的にも産業メカトロニクス軸に優位性が高いと思われる。また、19年3月期以降も増勢は鈍化するもののFA中心に従来見通しを上積みしている。また、2017年9月30日を基準日とする剰余金の配当(中間配当金)については、当期の業績及び財務体質の状況を勘案し、1株当たり14円の予定とした。因みに決算発表予定日は2017/10/31。

【AIを活用したロボットの力覚制御の高速化技術を開発】
この日の午前中、独自の人工知能(AI)技術「Maisart(マイサート)」を用い、「AIを活用したロボットの力覚制御の高速化技術」を開発したと発表。今回開発した技術は、「Maisart」を産業用ロボットのアームを人の腕のように柔らかく動作させる力覚制御に適用し、動作時間の大幅短縮を実現するというもの。はめ合い作業やコネクタ・基板の挿入作業などの高速化を図ることで、電機・電子製品の組み立て工程の生産性向上に貢献する。同社では今後も「Maisart」のFA分野への適用開発を進めるとしている。

総合電機メーカー。エレベータ・エスカレータ・FA機器・人工衛星・電車・自動車用電装品等を製造。電子デバイス部門・産業メカトロニクス部門等が受注堅調。中国事業も復調傾向にあり、18.3期は増収増益見通し。

(11/28現在)

最終更新:11月28日(火)16時49分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ