ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】クボタ(6326):決算後見直し買いが続く◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:44%(169勝209敗) パフォーマンス:+6.1 2
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月27日~12月1日

    始値(2,078.5円)→終値(2,116円)

    この予想!自信あり

    【買い】クボタ(6326):決算後見直し買いが続く◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月24日(金)16時35分みんなの株式
決算後見直し買いが続く
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種: 機械
時価総額:25800億円
PER:18.42倍
PBR:2.08倍

【今期税引き前を2%上方修正】
11月7日に決算を発表。17年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結税引き前利益は前年同期比10.3%増の1568億円に伸びた。併せて、通期の同利益を従来予想の2050億円→2100億円(前期は1969億円)に2.4%上方修正し、増益率が4.1%増→6.6%増に拡大する見通しとなった。会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結税引き前利益も従来予想の973億円→1023億円(前年同期は998億円)に5.1%増額し、一転して2.5%増益計算になる。
決算後は株価は調整したものの、足元は見直し買いが続いている。

【水処理システムに関して強みを持つ】
水関連ビジネスは、事業運営、管網敷設、プラント建設に大別できるが、日本の強みは主にプラント建設分野に関連する水処理膜、超純水製造、耐震技術、漏水防止技術、省エネ・省水関連技術にある。同社も水処理システムに関して上下水処理設備、産業用排水処理設備、膜システム、浄化槽に強みを持つ。

【都市部の農地「生産緑地」関連】
農水省と国交省は、都市部の農地「生産緑地」を維持するための対策に乗り出すと報じられている。地主の相続税を猶予したり、硬直的な土地の貸し借りの仕組みを柔軟にしたりして、企業やNPOが借りやすくすると伝えている

農業機械や鋳鉄管ともに最大手。水処理システムにも強みを持つ。

最終更新:11月24日(金)16時35分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ