ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ソニー(6758):安定成長が定着してきた、復活銘柄の象徴◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:44%(169勝209敗) パフォーマンス:+6.1 2
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月20日~11月24日

    始値(5,171円)→終値(5,323円)

    この予想!自信あり

    【買い】ソニー(6758):安定成長が定着してきた、復活銘柄の象徴◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月17日(金)16時13分みんなの株式
安定成長が定着してきた、復活銘柄の象徴
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:66000億円
PER:17.35倍
PBR:2.41倍


【 失われた20年を取り戻す年になるかソニー神話に期待】
継続的に安定収益を生み出すリカーリング型ビジネスが拡大している模様。ゲーム事業と半導体事業の好調で一部市場では19年3月期営業利益6600億円を予想し一段の上振れも期待できる。スマートフォン向け画像センサーが成長しているが、車載カメラなど自動車向けでも市場開拓余地が大きく、中期成長が復活しソニー神話も現実味を帯びてきた。

【今期税引き前を10期ぶり最高益に28%上方修正】
18年3月期の連結税引き前利益を従来予想の4700億円→6000億円に27.7%上方修正。増益率が86.8%増→2.4倍に拡大し、10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなる。スマートフォン向けイメージセンサーの販売が伸びるほか、ゲームアプリや音楽ストリーミング配信の好調も寄与する。また、主要部品の価格下落によるテレビ事業の採算向上に加え、円安効果も利益拡大を後押しする。業績好調に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は25円(前期は20円)実施する方針とした。

【中長期上昇トレンドが継続中】
テレビやオーディオなど民生用エレクトロニクスの収益性が復活しつつあり、キャッシュカウとして戦略投資を支える構図が確立されつつある。ゲーム、映画、音楽などコンテンツ関連を成長の柱に19年3月期以降も利益拡大が続くと見る市場の一部には18年3月期の連結営業利益は会社計画6300億円に対し6500億円、19年3月期は7000億円、20年3月期は7400億円への増益を見込んでいる

AV機器世界大手でエンターテイメン部門の映画・ゲーム事業も好調で金融事業もも展開。

最終更新:11月17日(金)16時13分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ