ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

リターンムーブからの反落パターン

菊川弘之
菊川弘之 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
相場は相場に聞け!マーケットの風を読む!!
日産証券調査部 主席アナリスト 商品投資顧問・証券会社の調査部・ディーリング部長などを経て現職。日経新聞、時事通信などにマーケットコメント・解説を寄稿。TV・ラジオなど多数メディアにも出演中。みんコモ人気コラムニスト
  • コラム [外国為替]

    リターンムーブからの反落パターン

    11月17日(金)13時33分みんなの株式
ロシアスキャンダル&北朝鮮動向に注意
11月9日(木)の当欄コラムで日経平均については、「早々に本日の上ヒゲ高値を抜けないと、天井形成の可能性もありうるか?宴は一服。マーケットの風向きが変わったかもしれない。」とし、ドル円については、「113円割れなら200日移動平均線(111.7円水準)試しもあり得るチャート形状となっている。 」としたが、ほぼ想定通りの展開が続いている。

本日の前場では、日経平均は前日の流れを引き継いで、戻り高値を試したものの、転換線水準で上値を抑えられている。引けにかけては、日銀のETF買いも予想されるものの、「初戻り売るべし」の展開になりそうだ。来週以降、11月16日安値を割り込むと、ダブルトップ完成となる。この場合の下値ターゲットは、N=21347.59円、V=21187.28円などが一目均衡表からはカウント可能だ。同水準は、雲の上限や、9月安値~11月高値までの上昇に対する半値押し水準とも重なる。
上昇過程ではレバレッジ型投信が値動きを増幅させたが、下降局面でも同様なことが起きる可能性には注意したい。

一方のドル円は、ネックライン(10/31安値)を再度割り込み、リターンムーブからの反落パターンとなっている。基準線~転換線が上値抵抗帯に変化して、200日移動平均線(111.75円)水準が意識される流れだ。サンクスギビングデー(感謝祭)を来週末に控えて、ポジション調整が主導しやすい時間帯に向かっていく。

本日の円高のきっかけが「モラーFBI特別検察官がトランプ陣営メンバーに召喚状を送った」とのWSJ報道や、北朝鮮が初の弾道ミサイル積載潜水艦の建造・展開を積極的なスケジュール通りに進めていることが、ウェブサイト「38ノース」で報告されたことなどだが、ロシアスキャンダルの行方と、17日(金)に北朝鮮を訪問予定の習近平国家主席の特使に対して、北朝鮮側がどのような対応を示すのかが、来週以降のトレンドを加速させたり、反転させたりする不確定要因となりそうだ。

最終更新:11月17日(金)13時33分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ