ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】住友金属鉱山(5713):スマホ、車載向け電池材料の需要が増加◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:47%(178勝198敗) パフォーマンス:+176.2
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月13日~11月17日

    始値(4,637円)→終値(4,441円)

    この予想!自信あり

    【買い】住友金属鉱山(5713):スマホ、車載向け電池材料の需要が増加◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月8日(水)11時45分みんなの株式
スマホ、車載向け電池材料の需要が増加
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:非鉄金属
時価総額:14300億円
PER:20.71倍
PBR:1.40倍

【資源価格の上昇が追い風】
LME銅価格は10月中旬に1トン当たり7134.5ドルまで上昇、その後は調整しているものの、11月6日現在6970ドルと7000ドル近くを維持している。14年7月以来の高値水準だ。また、ニッケルは1万2900ドル台で15年4月以来の高値水準、また、アルミは2170~80ドルで推移しており、これは12年2月以来5年9ヵ月ぶり、さらに亜鉛は3230ドル近辺で07年8月以来10年3ヵ月ぶりの高値圏にある。非鉄金属価格の上昇は、中国のインフラ投資の拡大や強靭な米国経済が需要を支えていることが大きな要因で、供給面では中国の環境規制強化に伴う製錬工場の稼働停止やインドネシアやフィリピンなどの鉱石輸出規制の強化などがタイト感をもたらしている。いうまでもなく、この非鉄価格の上昇は、非鉄精錬を手掛ける同社に追い風となる。

【上期業績予想の増額修正】
足もとでニッケル価格が2年半ぶりの水準に上昇しているほか、中国需要の拡大で銅価格も高値圏で推移。同社の18年3月期連結営業利益は前期比2%減の750億円が見込まれているが、市場には900億円台への増額観測が出ている。同社は11/9に決算発表を予定.。

【昨年7月をボトムに下値切り上げを継続】
週足チャートでは昨年7月をボトムに下値切り上げ、今月に入ってからは更なる上昇に拍車は掛かってきている。

非鉄金属と電子材料が両輪でニッケルも強み。海外鉱山開発など重点投資を展開。

11/14 11:30追記 9日取引終了後、18年3月期連結業績予想の増額修正を発表した。売上高を8550億円から9030億円(前期比14.9%増)へ、営業利益を750億円から890億円(前期比16.5%増)へ修正した。銅やニッケルなどの市況上昇により業績は改善する。ただ、市場では今3月期の連結営業利益は970億円前後を見込んでおり、市場には「ネガティブな内容」との見方が出た。ただ、会社の下期想定のメタル価格や為替水準は、保守的との声も多く、今期同利益は再増額されるとの期待も強い。

最終更新:11月14日(火)11時32分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ