ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】DNAチップ(2397)現行は高額なEGFR-NGSチェック保険収載思惑。一転、赤字に下方修正も意に介さず。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:41%(93勝132敗) パフォーマンス:+194.9 3
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想中
  • 日本株 予想期間11月1日~11月30日

    始値(1,301円)→現在値(1,349円)

    【買い】DNAチップ(2397)現行は高額なEGFR-NGSチェック保険収載思惑。一転、赤字に下方修正も意に介さず。

    11月1日(水)8時35分みんなの株式
■レンジブレイク期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
米国アジレント社製DNAチップや次世代シークエンサーを用いた遺伝子解析受託主体のバイオベンチャー。かつては日立ソフトウェアと親密だったが現在は取引少ない。研究者、製薬・食品向け受託解析サービス、DNAチップ解析体験キット(教育用)からリウマチ多剤併用効果判定、糖尿病、うつマーカーの病態診断サービスなど、未病社会を目指す研究開発に注力。

同社の肺癌患者向け遺伝子診断である[EGFR-NGSチェック]は現在、保険適用外の検査ですが、保険収載思惑が株価を下支え、買いを呼び込んでいるようです。国内の肺癌患者は年間で7、8万人と少なくなく、現在の高額な検査費用では手を出す患者は少ないですが、保険収載されれば、需要高になる見込みは大きいです。

9月21日、遺伝子関連検査の薬事承認に向けて、第二種医療機器製造販売業許可を東京都から取得したと発表。同社は大阪府立病院機構大阪国際がんセンターとの共同研究で、肺がんにおける薬剤応答性を調べる検査(EGFR-NGSチェック検査)を開発し、今年4月に事業化。医療保険制度の下で使用できるようにするために薬機法(旧薬事法)承認を目指しており、今回の医療機器製造販売業許可取得はその一環。

10月19日に決算を発表。

18年3月期第2四半期累計(4-9月)の最終損益(非連結)は1億1100万円の赤字(前年同期は1億4000万円の赤字)に赤字幅が縮小した。

しかしながら、併せて通期の同損益を従来予想の300万円の黒字→1億2200万円の赤字(前期は2億1100万円の赤字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。赤字額は前期末の純資産を34.4%毀損する規模となった。

[出典:株探]

黒字見通しから一転、赤字見通しに下方修正。
しかしながら、同社を業績で買っている投資家は少ないと思われ、
結果的に株価は反騰、24日には1600円台まであったものの、1300円台に落ち着いています。
1200-1600円のレンジで見て、下限付近では押し目買いに妙味。
上限ブレイクは、年高更新を狙う事も考えられる為、付いていく方針に妙味ありだと思います。

最終更新:11月1日(水)8時35分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ