ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】東京エレクトロン(8035):来たるスーパーサイクルに期待が掛かる◆◇◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆◇◆

大石やすし
大石やすし 勝率:50%(86勝85敗) パフォーマンス:-18.4
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想終了
  • 日本株 予想期間10月23日~10月27日

    始値(19,055円)→終値(19,495円)

    この予想!自信あり

    【買い】東京エレクトロン(8035):来たるスーパーサイクルに期待が掛かる◆◇◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆◇◆

    10月19日(木)11時30分みんなの株式
来たるスーパーサイクルに期待が掛かる 
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像___★★★★★  *笑顔が素敵です。
役員画像___★★★★☆  *メッセがあれば尚良し
デザイン性__★★☆☆☆ 
使いやすさ__★★★☆☆ 
採用ページ__★★☆☆☆
一言メモ___誠実さが伝わってくるサイトです。派手さやデザイン性よりも、社風が滲み出ている同社のようなサイトが正解なのかもしれません。

【業務内容】
半導体製造装置で世界的。液晶向けなどにも強み。米企業との統合撤回。

【業績面】
半導体製造装置の想定を上回る利益率改善などを踏まえ、18年3月期営業利益予想を2200億円→2400億円(会社計画は2160億円)に増額修正。ファンダメンタルズ面の優位性を評価。また、19年3月期は中期計画の同利益目標である2520億円~3120億円のレンジ前倒しで到達する可能性があるとみる。決算発表予定日2017/10/31である。

【トピックスオピニオン】
3次元NAND型メモリーのテーマ性のほかに新パッケージ技術であるFOWLP(ファンアウト・ウエハーレベルパッケージの略)が強力テーマとして上昇の足場となりそうだ。最新の中期経営計画では株主還元については配当政策は業績連動型を基本とし、親会社株主に帰属する当期純利益に対する配当性向50%を目処とする。ただし、1株当たりの年間配当金は150円を下回らないことし、2期連続で当期利益を生まなかった場合は、配当金の見直しを検討する。 また、自己株式の取得については、機動的に実施を検討するとしていて期待が掛かる。

10/25 16:30追記 株価はITバブルのあった2000年以来となる1万9000円ラインを突破した。2万円大台回復から上場来高値2万90円奪回も視野に入る。米国の半導体関連銘柄人気化しており半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数は前週末20日も新高値圏を突き進んでいる。これを受けて、東京市場でも海外投資家とみられる半導体関連株への物色人気が加速している。時価総額で3兆円を超える同社はその中心銘柄として期待される。

最終更新:10月25日(水)16時33分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ