ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

「ドル買い意欲」は旺盛、「丁寧に押し目を拾っていく」は継続…!?

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間10月14日

    「ドル買い意欲」は旺盛、「丁寧に押し目を拾っていく」は継続…!?

    10月13日(金)10時52分みんなの株式
◆方向感定まらず - 揺れ動きに終始
※ご注意:予想期間は10月14日と表示されていますが、本日(10月13日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


昨日のドル円は“緩慢な値動き”に留まりました。
“上値の重さ”は目立ったものの、“112.00-111.80円のドル買いオーダー”を割り込みにかかる動きには至っておりません。
一方で“112.50-70円のドル売りオーダー”を脅かす動きも見られておらず、112円前半での揺れ動きに終始しました。

なお昨日発表された米卸売物価指数は“前月から伸びが加速(+0.4%、コアも+0.4%)”、新規失業保険申請件数も“2週続けて減少(24.3万件)”となったものの、大きな反応は見られませんでした。
また“目新しい材料なし(パウエル/ブレイナード両FRB理事)/ハト派(ブラード・セントルイス連銀総裁))/タカ派(ローゼングレン・ボストン連銀総裁)”と要人発言は「まちまち」であり、こちらも反応も限定されました。
◆本日も“同様の展開”との見方が大勢を占めつつあるが…?
このため本日も“レンジ内での揺れ動き”との見方が、大勢を占めつつあります。
ただし本日も米消費者物価指数/小売売上高/ミシガン大消費者態度指数等が予定されています。
昨日は不発でしたが、今のところインフレ指標はそう悪くありません。
また本日も米要人発言が目白押しですので、いつ“日・米・欧金融政策をテーマとするフロー”が発生してもおかしくないマーケット環境も続いています。

中国共産党大会(18日~)を控えた週末ということを考えると、“北朝鮮リスクが頭をもたげる”と考えるのが自然かもしれません。
しかし“200日移動平均線(本日は111.808円)”が絡んでいることもあり、“112.00-111.80円のドル買いオーダー”はかなり強固に見えます。

「下がった水準でのドル買い意欲は旺盛」と考え、引き続き「丁寧に押し目を拾っていく」と見たいところです。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:112.823(10/10高値、10/6~10/10の61.8%戻し、ピボットハイブレイクアウト)
上値4:112.712(10/6~10/10の50%戻し、日足・一目均衡表転換線、ピボット2ndレジスタンス)
上値3:112.582(10/11高値、10/6~10/10の38.2%戻し水準)
上値2:112.515(10/12高値、ピボット1stレジスタンス)
上値1:112.362(20日移動平均線)
前営業日終値:112.292
下値1:112.081(10/11-12安値、ピボット1stサポート)
下値2:111.990(10/10安値、50週移動平均線、大台)
下値3:111.918(ピボット2ndサポート)
下値4:111.808(200日移動平均線、200週移動平均線)
下値5:111.713(ピボットローブレイクアウト)

※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔マーケット・チェック15分Webセミナー〕にて公開。

11:07 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:10月13日(金)11時07分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ