ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ヤオコー(8279):28期連続増収増益を達成するスーパー◆◇◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆◇◆

大石やすし
大石やすし 勝率:54%(32勝27敗) パフォーマンス:+18.0
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二の存在。必見!
予想終了
  • 日本株 予想期間10月16日~10月20日

    始値(5,450円)→終値(5,520円)

    【買い】ヤオコー(8279):28期連続増収増益を達成するスーパー◆◇◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆◇◆

    10月12日(木)14時01分みんなの株式
28期連続増収増益を達成するスーパー
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【業務内容】
埼玉地盤の食品スーパー中堅だが提案型売り場作り、品ぞろえに定評。神奈川にも展開。

【業績面】
28期連続増収増益を達成する高成長を維持しているところは評価したい。
4-6月期(1Q)経常は16%増益で着地し、8/10の決算では18年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期非連結比16.0%増の49億円に伸び、通期計画の160億円に対する進捗率は30.7%。また、神奈川県南部を地盤とするエイヴイグループを第1四半期に子会社化したことによる連結業績の拡大や、第1四半期で再認識した単体における競争力の高さなどを評価。また、新物流センターの稼働やITシステムの刷新などで18年度までは先行投資局面だが、それらの先行投資負担を吸収して順調な業績が続くとしており、市場では18年3月期営業利益予想を170億円(会社予想165億円)と見る向きもある。

【トピックスオピニオン】
就業状況の変化や顧客層の高齢化は総菜・調理食品に強い同社業績にとって追い風。また、人手不足に起因するコンビニエンスストアの新規出店の減速や総合スーパー業態の閉店は、競合緩和となり食品スーパー全体にとってメリットになるが、同社は首都圏郊外立地で有利な店舗網の構築に成功しており、環境が良い食品スーパーの中でも、良好なポジションに位置しているとみている。17年3月期までで28期続いている増収増益の記録が更新できると思われる。

【WEBサイトチェック】
社長画像___★★★☆☆
役員画像___なし
デザイン性__★★☆☆☆
使いやすさ__★★★☆☆
採用ページ__★★★★☆
一言メモ___後付けでリニューアルしたと思われるが、採用ページと本ページのクオリティに落差があり過ぎる。採用ページ程のクオリティでモデルチェンジし、役員一同も顔出しでメッセージ等添えると老舗の良さがもっと引き出されると思います。


※上記は大石個人の見解であり個別銘柄の売買を指示・勧誘・助言するものではありません。具体的な売買指示は所属法人のみで行っております。また、投資判断はあくまでも自己責任でお願いします。

最終更新:10月12日(木)14時01分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ