ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】出光興産<5019>岡安商事・玉川博一

玉川博一
玉川博一 勝率:83%(5勝1敗) パフォーマンス:+9.2 5
勝って奢らず、負けてひるまず
岡安商事㈱法人部法人デリバリー課課長。TOCOM認定石油アナリスト。関西学院大学卒業後、三井物産子会社にて商品市場のマーケット分析に従事。平成20年より岡安商事㈱上席アナリスト。サッカー3級審判員、JFA公認D級指導者。
予想終了
  • 日本株 予想期間10月10日~10月13日

    始値(3,200円)→終値(3,140円)

    【買い】出光興産<5019>岡安商事・玉川博一

    10月7日(土)17時21分みんなの株式
本格上昇へ。割安。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
ドバイ原油と出光株価

ドバイ原油と出光株価

同社ご存知石油元売り民族系大手。今年3月には3990円まで急騰した出光株だが、お家騒動や、原油価格の下落で8/9安値2575円まで売り込まれましたが、しかし、9/21にようやく3000円台を回復した。足かせとなっていた同社が大量保有する昭和シェル株も取得価格に届かないまでも1300円あたりまで上昇、含み損が消えつつある。
2017年第1四半期決算の石油在庫評価損は-60億にも関わらず、営業利益は346億と前年同期比+40.7%増となった。
同社の在庫評価に与える影響はドバイ原油1ドルにつき43億、ドル円1円につき16億。同社の前提レートはドバイ50ドル、ドル円110円としている。ドバイ原油も今月は54ドル前後で推移、ドル円も12月の米利上げ観測の高まりでドル堅調推移で第2四半期以降は在庫評価の恩恵もありそうだ。
JXTG,コスモエネなど同業他社が9月後半から相次いで年初来高値を更新する中、同社はかなり出遅れており、PBR0.84,PER5.7倍と割安特価だろう。石油以外にも有機EL事業、ベトナムでガソリンスタンド事業開始、出光音楽賞、創業者モデルの映画など話題も豊富。最近では創業家に反対されている経営統合予定?昭シェルとブライタリーエナジーアライアンスを実施、社風が違っても社員交流を深めているそうだ。

最終更新:10月7日(土)17時21分

みんなの株式

この達人の次の予想 この達人の次の予想 この達人の前の予想 この達人の前の予想
  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ