ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】金ブル<2036>岡安商事・玉川博一

玉川博一
玉川博一 勝率:83%(5勝1敗) パフォーマンス:+9.2 5
勝って奢らず、負けてひるまず
岡安商事㈱法人部法人デリバリー課課長。TOCOM認定石油アナリスト。関西学院大学卒業後、三井物産子会社にて商品市場のマーケット分析に従事。平成20年より岡安商事㈱上席アナリスト。サッカー3級審判員、JFA公認D級指導者。
予想終了
  • 日本株 予想期間10月10日~10月13日

    始値(10,260円)→終値(10,320円)

    【買い】金ブル<2036>岡安商事・玉川博一

    10月7日(土)16時14分みんなの株式
今週は、再び北朝鮮リスクの高まりで金は堅調か
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
米雇用統計、NFP-3.3万、久しぶりのマイナス

米雇用統計、NFP-3.3万、久しぶりのマイナス

週末発表された注目の9月米雇用統計で非農業部門の雇用者数が前月比-3.3万人減となったものの、失業率は4.2%と、前月の4.4%から低下し、さらに平均時給も前月比+0.12ドルの26.55ドルと、かなり高い伸びを示しました。これを受けて12月の米利上げ観測が一段と強まり、ドル高となったことで金は売られ、一時1262.8ドルまで値を落としました。
しかしドルが北朝鮮報道で反落し、株高が一服すると反転し、NY金は戻りを入れプラスで引けました。またスペインのカタルーニャ自治州の独立推進派が今週にも独立宣言をする可能性があるとの観測も、安全資産の金買いにもつながりそうです。
訪朝のロシア・モロゾフ議員によると米国の西海岸が射程距離に入る新たなミサイル実験を計画との見方を示しました。
10月10日は、北朝鮮・朝鮮労働党創建72周年で近々ミサイルの祝砲打ち上げる可能性もありそうです。
東京金先物は7月から9月高値4721円までの上げ幅に対して週末安値4586円は、45.6%の押しが入ったところ、よって今週の金関連投信などは、絶好の買い。

最終更新:10月7日(土)16時14分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ