ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】明和産業(8103)中国ガソリン車規制は同社に強い追い風。リチウムイオン電池負極材、正極材、電解液、セパレータも取扱。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:41%(86勝121敗) パフォーマンス:-9.6
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想中
  • 日本株 予想期間10月2日~10月31日

    始値(480円)→現在値(507円)

    【買い】明和産業(8103)中国ガソリン車規制は同社に強い追い風。リチウムイオン電池負極材、正極材、電解液、セパレータも取扱。

    10月2日(月)8時35分みんなの株式
■出遅れていたが
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
三菱商事系の化学品商社。国内はアンチモン、炭素製品等化学品、合成樹脂、建材、水産品輸入が柱。中国ビジネスに強い。JXと組み中国で日系建機向けに潤滑油販売。自動車・家電用樹脂、発電機器輸出のほか、リチウムイオン電池用黒鉛電極輸入も行う。ベトナムに販売現法のほか、自動車排ガス用触媒等の生産合弁を設立。タイ、インドネシアにも販売現法開設。

今月11日に、中国での自動車産業を管轄する工業情報省が、ガソリン車やディーゼル車など化石燃料を使うクルマの生産と販売を禁じる新たな規制の検討を始めていると報道されました。中国のニュースサイト、澎湃新聞によると、同省の辛国斌次官は「禁止時期を含む規制について近く公表する」と述べているようです。

同社は、電気自動車(EV)の電池メーカー30社以上と、弊社現地法人の中国全土に亘る販売ネットワークと専門性の高いセールスチームにより取引を推進しているようです。リチウムイオン電池負極材、正極材、電解液、セパレータ、コンデンサ電解液まで取り扱っており、特に負極材においては、三菱ケミカル(4188)及び中国現地企業との三社合弁製造会社があり、中国でのガソリン車規制となれば、同社に注目がいくのではないでしょうか。

EV、二次電池、太陽電池などが物色傾向にありますが、同社はまだ良く認知されてないように思います。
500円ラインは過去に数度叩かれている節目でもありますので、10月は終値ベースで明確に500円を超えてくれば2012年水準も見えてきそうです。

最終更新:10月2日(月)8時35分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ