ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ニッポン高度紙工業(3891)リチウムイオン電池関連。前週の押しから一転、反発期待。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:43%(92勝120敗) パフォーマンス:+295.0
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間9月11日~9月15日

    始値(2,330円)→終値(2,696円)

    【買い】ニッポン高度紙工業(3891)リチウムイオン電池関連。前週の押しから一転、反発期待。

    9月11日(月)8時22分みんなの株式
■反発期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
電気絶縁用セパレーター専業大手。うちアルミ電解コンデンサー用は国内市場ほぼ独占、世界市場ではシェア約6割。リチウムイオン電池向けをはじめとした電池用も併営し、エコカー向けの拡大を狙う。2015年にはセパレーター原料の安定調達を狙いマニラ麻パルプ製造のフィリピン企業を持分会社化、翌16年には追加取得し子会社化。

8月3日大引け後に決算を発表。

18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は5億5600万円の黒字(前年同期は8900万円の赤字)に浮上し、4-9月期(上期)計画の4億6000万円に対する進捗率が120.9%とすでに上回り、さらに5年平均の95.7%も超えた。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の2.4%→13.1%に急改善した。

[出典:株探]

好決算から急動意、コンデンサー用のセパレーターを生産するほか、電気自動車(EV)などの普及で市場が急拡大傾向にある2次電池用セパレーターを手掛けており、リチウムイオン電池関連の有力株として注目を集めています。

8月23日開けていた窓を5日に埋めており、前週は陰線となりましたが、下髭も長く今週に期待が持てます。

最終更新:9月11日(月)8時22分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ