ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】総医研ホールディングス(2385)健康食品、飲料、化粧品開発のバイオベンチャー。続伸期待。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:43%(92勝120敗) パフォーマンス:+295.0
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間9月8日

    始値(558円)→終値(534円)

    【買い】総医研ホールディングス(2385)健康食品、飲料、化粧品開発のバイオベンチャー。続伸期待。

    9月8日(金)8時45分みんなの株式
■続伸期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
人間の体の状態を数値化して評価するバイオマーカーの開発と、それを利用した食品などの有効性・安全性に関する評価試験事業から出発。トクホブームで成長したがブーム終焉とともに減速。医薬品臨床研究支援や健康保険組合向けの生活習慣病予防指導に展開。産学連携で開発した抗疲労物質「イミダペプチド」が人気化し、抗疲労食品・飲料が基幹事業に。

8月15日に決算発表。

営業利益は前期比44.8%増の2.64億円となり、従来予想(2.50億円)をやや上回って着地した。また、18年6月期の通期業績についても営業利益で同51.3%増の4.00億円と2ケタ増益見通しを示している。化粧品事業や健康補助食品事業で増収増益を見込むほか、今年6月に連結子会社化したNRLファーマが営む機能性素材開発事業も業績に寄与する。

[出典:株探]

決算発表後は窓をあけ、8月21日には年高更新。
化粧品関連の出遅れとしても認識されているようです。

中国系大手越境ECプラットホームに続々出店するなど、越境ECにも力を入れています。
今年は9月に新製品、その後も11月に控えるなど期待も。
9月5日高値643円は徐々に抜けてくるパターンか。585-600円処を抜ければ軽くなりそうなだけに、8日は抜けてからの動きも想定し買い予想です。

最終更新:9月8日(金)8時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ