ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】㈱みずほフィナンシャルグループ(8411)約2カ月の調整局面、いよいよ底値を打つか?= フェアトレード 西村剛

西村剛
西村剛 勝率:50%(97勝95敗) パフォーマンス:+63.2
2012・2013年株-1グランドチャンピオン
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。
予想終了
  • 日本株 予想期間9月11日~9月15日

    始値(187円)→終値(191.2円)

    この予想!自信あり

    【買い】㈱みずほフィナンシャルグループ(8411)約2カ月の調整局面、いよいよ底値を打つか?= フェアトレード 西村剛

    9月4日(月)20時34分みんなの株式
■注目銘柄:【買い】㈱みずほフィナンシャルグループ(8411)
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の3行を前身とする、3メガバンクの一つ。

■注目理由
7月31日に決算を発表。
平成30年3月期第1四半期(平成29年4月1日~平成29年6月30日)の業績は、経常収益+1.6%と増収ながら、親会社株主に帰属する四半期純利益は△10.8%と減益に着地。
8月29日時点で北朝鮮リスクなどにより安全資産である国債に資金が流入、長期金利が下がり、(出典:2017年8月29日 フィスコ)このところメガバンクには逆風の環境となっている。
ただ、7月初めの210円付近を天井に調整局面が続いてきたことで11日終値時点でPER8.68倍、PBR0.55倍と割安感が出ており、そろそろ底値を打つタイミングとも考えられる。
配当利回りも3.99%という高水準まで上昇していることから、買い支えが入りやすくなっているだろう。
これからの投資を考える上で、同社に注目してみてはいかがだろうか。

最終更新:9月4日(月)20時34分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ