ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日本化学工業(4092)リチウムイオン電池関連。業績を不安視され手控えられていますが、見直されても良さそう。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:43%(92勝120敗) パフォーマンス:+295.0
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想中
  • 日本株 予想期間9月1日~9月29日

    始値(238円)→現在値(257円)

    【買い】日本化学工業(4092)リチウムイオン電池関連。業績を不安視され手控えられていますが、見直されても良さそう。

    9月1日(金)8時37分みんなの株式
■続伸期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
クロム塩、珪酸ソーダ、硫酸アルミニウムなど工業薬品を国産化。燐やバリウム製品も加わり無機化学品では専業首位級に。独自ホスフィンガス技術を擁しホスフィン誘導体へも展開。電子材料へも応用しセラミックコンデンサー向け炭酸バリウムを併営。リチウムイオン2次電池用正極材の老舗。中国・雲南省で黄燐、四川省で電材用バリウム塩を生産。

紛体製造技術(混合、焼成、粉砕)を活用し、リチウムイオン二次電池用正極活物質としてコバルト酸リチウムを製造・販売しており、リチウムイオン二次電池の電解液に添加する事により不燃化、劣化制御効果の機能を持つ電解液不燃化添加剤の製造・販売も。
電池メーカーへの販売が主で、そこから車メーカー等へ。

今期見通しは冴えず、足元の業績(特に減益)は物足りませんが、
同社はリチウムイオン電池関連でいうところの、中心になってもいい筈。
テーマ株でも業績好調の企業へ投資が進む傾向があり、出遅れ感は否めない現状ですが、
ファンダは割高感もなく、PSRなどの重要指標をみても割安を示しています。
9月は見直され、リチウムイオン電池のド真ん中である同社にも積極的な買いが入ってくるのではと予想します。

最終更新:9月1日(金)8時37分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ