ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

NY株価の崩れに注意

菊川弘之
菊川弘之 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
相場は相場に聞け!マーケットの風を読む!!
日産証券調査部 主席アナリスト 商品投資顧問・証券会社の調査部・ディーリング部長などを経て現職。日経新聞、時事通信などにマーケットコメント・解説を寄稿。TV・ラジオなど多数メディアにも出演中。みんコモ人気コラムニスト
  • コラム [外国為替]

    NY株価の崩れに注意

    8月18日(金)11時45分みんなの株式
ダブルトップ完成(NYダウ)
 9月の米議会再開を前に、NYダウが崩れ始めてきた。昨日はネックラインを割り込んで下げ加速、ダブルトップ完成となった。景気サイクルからは、2017年後半~2018年にかけて、いつリセッセッション入りしてもおかしくない時間帯であったが、①北朝鮮を巡る地政学リスク、②白人至上主義者と反対派の衝突でのトランプ大統領の対応ミス、③それに伴い米企業が一斉にトランプ政権との距離を取り始めた事、④コーン国家経済会議(NEC)委員長辞任観測報道、⑤スペインでのテロ(イスラム国(IS)が犯行声明)などが嫌気された。

 ドル円も、北朝鮮リスクの一服感から今週前半は自律反発を見せたが、週後半にかけて戻りを売られて反落している。今年のドル円は4月・6月と108円台は買い拾われたが、6月同様、ダブルボトムとなって下値を切り上げるのか、それとも110円台が上値抵抗に変化するのかが、テクニカル面からの焦点だ。

 21日から米韓合同軍事訓練(乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン)が開始する。25日は北朝鮮・先軍節。24-26日は、ジャクソンホール・シンポジウム。9月1日に雇用統計、9日は昨年核実験が実施された北朝鮮建国記念日と重要イベントが相次ぐ。昨晩はユーロがECB議事要旨を受けて売られた事がドルの下値を支えたが、9月上旬にかけて、地政学リスクと政治リスクを睨みながら金融市場は神経質な展開が予想される中、一旦株価が下げ始めると値幅が大きくなる可能性もあり、ドルも追随しそうな雰囲気だ。NY金(12月限)が1310ドルを回復してくると、市場がリスクを本格的に織り込み始める証左となろう。 
 イランのロウハニ大統領は15日、米国が対イラン制裁強化を続ければ、米国などと結んだ核合意の破棄もあり得ると警告しており、現段階で材料としてはノーマークに近い中東情勢にも用心したい。9月上旬には、メッカの大巡礼も控える。

最終更新:8月18日(金)11時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ