ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】新日本電工(5563)通期大幅上昇修正も慮外千万の下落に。ここからは逆張りスタンスが吉か。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:43%(92勝120敗) パフォーマンス:+295.0
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間8月14日~8月18日

    始値(443円)→終値(418円)

    【買い】新日本電工(5563)通期大幅上昇修正も慮外千万の下落に。ここからは逆張りスタンスが吉か。

    8月14日(月)8時28分みんなの株式
■反発期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
鉄の強度、靭性、耐熱性、耐食性などを高めるため鋼に添加される合金鉄を製造するトップメーカー。取引の大半が新日鉄(現新日鉄住金)で、2010年に同社の関連会社に。

韓国にイオン交換樹脂再生工場を持つ。南アで合金鉄原料合弁を展開。シェア首位のマンガン酸リチウムはリチウムイオン2次電池の正極材として急成長。クロム回収などの環境事業も安定収益化。南アの高品位マンガン鉱石鉱山、マレーシアの合金鉄事業に出資。

8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は前年同期比3.0倍の53.8億円に急拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の40億円→80億円(前期は16.1億円)に2.0倍上方修正し、増益率が2.5倍→5.0倍に拡大する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常損益は26.1億円の黒字(前年同期は2億円の赤字)に浮上する計算になる。

業績好調に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は10円(前期は5円)実施する方針とした。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の27.5億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の6.8%→15.5%に急改善した。

[出典:株探]

通期大幅上昇修正に、配当増額。
合金鉄事業において、想定為替レートよりも円安で推移している事が大きく寄与しているようです。
北朝鮮発信の世界情勢を嫌気した狼狽売りか仕掛け売りかは不明ですが、10日は10%を超える大幅反落。
好業績で同業を覗いてもファンダ割高感はありません。下げた処を拾っていく方針が吉だと思われます。
7月18日窓下433円まであれば、強く逆張り買い方針も良さそう。

最終更新:8月14日(月)8時28分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ