ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】トーイン(7923):営業努力にコスト削減策が奏功。黒字拡大を期待=GLA 小池麻千子

小池麻千子
小池麻千子 勝率:100%(2勝0敗) パフォーマンス:+27.0 2
初心者でも取り組みやすい優良銘柄をご紹介します!
同志社大学経済学部卒 グローバルリンクアドバイザーズ(株)のアナリストとして企業リサーチを担当 訪問企業は海外企業を中心に多数 企業訪問・分析で培ったファンダメンタル分析を用いたボトムアップリサーチによる銘柄選定を得意としています
予想終了
  • 日本株 予想期間7月31日~8月4日

    始値(572円)→終値(624円)

    【買い】トーイン(7923):営業努力にコスト削減策が奏功。黒字拡大を期待=GLA 小池麻千子

    7月31日(月)8時45分みんなの株式
【買い】トーイン(7923):営業努力にコスト削減策が奏功。黒字拡大を期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
創業以来約60年来、パッケージ事業を中心に印刷関連分野において事業を展開しています。
医薬品・化粧品、食品のパッケージの他、電子向け軸の精密塗工フィルムも手掛けています。

2018年3月期第1四半期の業績は、売上高が前年同期比13.9%増の29億7700万円、営業利益が1億900万円(前年同期は6300万円の赤字)、経常利益が9800万円(同9800万円の赤字)、純利益5500万円(同6900万円の赤字)と、黒字回帰しました。

一方、通期予想は、売上高が5.8%増の116億円、営業利益が1億円、経常利益が8000万円、純利益が2000万円。

通期計画を超える業績となったわけです。

国内では、企画提案型の営業などによる拡販、新規開拓の努力が実のり、化粧品・医薬品・食品日用品分野が底堅く推移。海外においても、ベトナム工場の生産ライン増設などにより増収基調となっています。
精密塗工事業においても、マーケティング強化などが新製品の受注獲得に繋がっており、41.1%の増収となっています。

また費用面では、従前から進めてきた生産効率化の徹底が効いて製造コストが抑えられ、増益、黒字浮上となりました。
具体的には製造部門と製造間接部門を一体化させるなど、無駄の排除が進められています。

有利子負債32億3000万円、現金等に21億9600万円、ネットDEレシオは0.12倍、自己資本比率は51.9%と財務内容は安全です。

通期計画発表から評価されていた黒字計画が実現し、今後の黒字拡大が期待されるところです。

最終更新:7月31日(月)8時45分

みんなの株式

この達人の次の予想 この達人の次の予想 この達人の前の予想 この達人の前の予想
  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ