ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】大成建設 (1801)8月の注目銘柄= ライジングブル藤村

藤村哲也
藤村哲也 勝率:51%(30勝28敗) パフォーマンス:+87.4
株による財産形成を誰でも可能に!
ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。
予想中
  • 日本株 予想期間8月1日~8月31日

    始値(1,054円)→現在値(1,079円)

    この予想!自信あり

    【買い】大成建設 (1801)8月の注目銘柄= ライジングブル藤村

    7月30日(日)18時20分みんなの株式
需給良好!
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【会社概要】

業界最大手の一角。高層ビルをはじめ、道路、橋、トンネル、ダム、地下鉄など建築・土木工事で豊富な実績があり、事業領域は幅広い。北米、欧州、中東、アジアなど海外市場の実績も豊富。

【株価の動きと注目理由】

7月31日終値は1058円。

2017年3月期の連結業績は、売上高が1兆4,873億円(前期比3.8%減)、営業利益が1,408億円(同19.9%増)と4期連続の営業増益。売上高は減少したものの、利益率(売上総利益率は同2.4ポイント上昇の15.2%)が好転。

2018年3月期の連結業績予想は、売上高が1兆6,100億円(前期比8.3%増)、営業利益が1,250億円(同11.2%減)と3期ぶりの増収転換ながら5期ぶりに減益に転じる見通し。

東京オリンピック・パラリンピックに向けた社会インフラ整備、都心部の再開発、宿泊施設建設などへの投資がピークに差し掛かり、好調な事業環境が継続し売上拡大を見込んでいます。一方、資材価格の上昇や労務費負担増などのコストアップ懸念、不動産子会社の利益縮小などを見込んで、売上総利益率は前期比2.2ポイント低下を想定しており、営業利益を圧迫するとの予想。

ただし、期初の業績予想は保守的に設定される傾向があり、採算の良い追加工事については未確定部分として織り込んでいないため、上方修正される可能性も。また、5月12日の決算発表時には上限4,000万株・250億円の自社株買い(取得期間は5月15日~9月30日)を発表するなど株主還元にも前向き。

株価は2017年7月20日に1083円の高値を付けた後も堅調な推移。信用売残450万株、信用買残173万株で貸借倍率は0.38倍と好需給で、調整一巡後は再度高値更新していく流れを想定。

8月は1000円から1200円のレンジを想定。

最終更新:7月30日(日)18時20分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ