ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】東光高岳(6617):株価底入れから自律反発狙い!新たな収益基盤構築を模索◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:42%(48勝66敗) パフォーマンス:-39.2 3
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との日々の取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間8月1日~8月31日

    始値(1,860円)→現在値(1,824円)

    この予想!自信あり

    【買い】東光高岳(6617):株価底入れから自律反発狙い!新たな収益基盤構築を模索◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月25日(火)7時57分みんなの株式
【株価底入れからの反転をうかがう】
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【スマートメーターに代わる】
2012年に東京電力系電力機器メーカーの高岳製作所と東光電気の統合で発足。2014年4月に経営完全統合を果たした。電力業界の設備投資抑制で収益環境に逆風が吹くも、スマートメーターなど好調で生産性は改善。ただし、今期はスマートメーター需要に陰りがみられる中、新工場増産体制整備などのライン見直し・設備増強などの費用面がかさみ減益見通し。

【事業変革推進の時期】
現在は電力システム改革を契機に、事業領域の拡大とビジネスモデルの変革を目指している最中。産業分野(特に製造業のスマートグリッドビジネス)への拡大本格化と海外事業の確立で商機を拡大。経産省主導による「エネルギー・リソース・アグリゲーション」ビジネス検討会を設置した他、『ネガワット取引市場』創設などを控えており、同社が手掛ける再生可能エネルギーの比率増加実現においてはリード役を担う。電力ネットワーク分野のリーディングカンパニーとして研究開発を推進しており、個人のライフスタイルや法人のインフラに密接に関連する基盤技術をもちながら、さらなるサービスラインナップの拡充に取り組んでいる。

【2017年度からの3ヵ年計画を発表】
上記の成長ビジョンの下、パートナー企業との連携による海外事業の拡大を推進。世界的には電力市場は拡大する見通しで、JICA(国際協力機構)はADB(アジア開発銀行)と連携して、今後5年間でアジア地域に約1,100億ドルの「質の高いインフラ投資」を実施とある。同社においては前期をけん引した計器事業だけでなく、エネルギーソリューションや情報・光応用検査機器などの分野での収益を安定化を図る他、新しい収益基盤の構築で利益計画の下振れを補う取り組みを推進する。

【株価底入れからの反転をうかがう】
前期業績とのコントラストもあって、年初から下値模索の動きを強いられた同社。当面は厳しい業績面から上値の重い展開が続くと予想されるが、足元では1600円台前半での下値を固めてきていることから下落には歯止めがかかったと言える。来週7/27の1Q決算で持ち直しの兆候が見られるようであれば、株価は自律反発が期待できる局面に入る。現在は一目均衡表の雲を進むが、8月を通してみれば抵抗帯を抜けて5月に開けたマドを埋める動きが期待できるかもしれない。


東光高岳(6617)[東証1部]
株価:1710円
業種:電気機器
単元株数:100株
PER: 18.54倍
PBR: 0.58倍

最終更新:7月25日(火)7時57分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ