ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)軟調な米国銀行株の影響を受ける

田村祐一
田村祐一 勝率:57%(24勝18敗) パフォーマンス:+14.1
統計データに基づく有力銘柄の選定
フェアトレード(株)所属。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株価を大きく動かすイベントに合わせて銘柄を売買する「イベント投資」にも注力。
予想終了
  • 日本株 予想期間7月18日~7月21日

    始値(718.3円)→終値(713.6円)

    【売り】三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)軟調な米国銀行株の影響を受ける

    7月17日(月)15時03分みんなの株式
〇注目銘柄:三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)【売り】
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
〇注目理由

14日に発表された6月の米消費者物価指数(CPI)が低調だったことで、追加利上げの観測が後退しました。利上げによるドル高進行も一服したことで、米国株式市場は買い優勢で推移し、NYダウは3日連続で過去最高値を更新しました。


市場全体の流れと逆行し、金利の低下による採算悪化の懸念から米国銀行株は売りに押されました。これを受け、日本国内の銀行株も軟調に推移する可能性が高いでしょう。銀行株の中でも、道央株価は、2月につけた高値の778.8円をめどに上値の重い展開が続いています。よって、18日以降の同行株価も売り優勢で推移する可能性が高いと判断しました。

最終更新:7月17日(月)15時03分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ