ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】シャープ(6753)7月の注目銘柄= ライジングブル藤村

藤村哲也
藤村哲也 勝率:48%(29勝31敗) パフォーマンス:+71.1
株による財産形成を誰でも可能に!
ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。
予想中
  • 日本株 予想期間7月3日~7月31日

    始値(416円)→現在値(399円)

    この予想!自信あり

    【買い】シャープ(6753)7月の注目銘柄= ライジングブル藤村

    7月2日(日)12時46分みんなの株式
短期ディーリング銘柄として注目
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
6月に続き注目!

6月は402円スタートで、6月30日(金)終値は417円と3.7%の上昇。7月も短期の小幅鞘取り銘柄として注目。

【会社概要】

液晶パネル、白モノ家電、スマホ等を展開する電機大手。2016年8月、台湾・鴻海精密工業の子会社に。

【株価の動きと注目理由】

6月30日終値は417円。

株価は2017年4月3日高値504円から調整を入れ、6月は400円を挟んだもみ合い。ただ、400円割れの水準で下げ渋りの動きを見せており、徐々に底堅くなってきた印象を受けます。
5月26日には、これまで非開示だった2018年3月期予想と中期経営計画を発表。

2018年3月期予想は売上高2兆5100万円(前年比22.4%増)、営業利益900億円(同44.1%増)、経常利益790億円(同3.1倍)、当期純利益590億円(黒字転換)。

中小型液晶パネルや液晶テレビの販売増などによる売り上げ増や、継続的に行っている構造改革の取り組みが寄与するとしています。

また、中期経営計画では最終年の2020年3月期に、売上高3兆2500億円(2017年3月期実績比58.5%増)、営業利益1500億円(同2.4倍)を目指します。

今後の株価上昇は、再生シナリオが現実味を帯びてくるのか?その進捗を見ていくことが大事だと思います。

7月も400円近辺で底堅めの動きを想定し、短期の小幅鞘取り銘柄として注目。

7月は390円から460円のレンジを想定。

最終更新:7月2日(日)12時46分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ