ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】JMACS(5817)増増担保規制解除後は下。窓埋め後、反発を期待。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:42%(122勝165敗) パフォーマンス:+595.0
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想中
  • 日本株 予想期間7月3日~7月31日

    始値(1,003円)→現在値(1,038円)

    【買い】JMACS(5817)増増担保規制解除後は下。窓埋め後、反発を期待。

    7月3日(月)1時19分みんなの株式
■窓埋め完了
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
電線メーカー中堅。防災警報用ケーブル有力。
ウエアラブル端末など新分野を模索中。
多品種・少量生産に特化。主力の制御用は、大手にコンピューター用電線をOEM供給。
得意の防災関連は住宅、ビルの警報用が主体。中国で合弁設立、各種ケーブル販売狙う。

4月14日に本決算を発表。

4月14日後場(14:30)に決算を発表。17年2月期の経常損益(非連結)は5400万円の黒字(前の期は9100万円の赤字)に浮上し、18年2月期の同利益は前期比5.6倍の3億円に急拡大する見通しとなった。

同時に、今期の年間配当は前期比5円増の15円に増配する方針とした。
直近3ヵ月の実績である12-2月期(4Q)の経常利益は前年同期比3.1倍の5600万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の0.6%→3.8%に大幅改善した。

[出典:株探]

想定外の好決算と来期予想に株価は週間で倍増。
5月1日高値1327円を付けましたが、その水準よりも適正は上と考えています。

LED照明やFA表示システムなどとIoT/M2M(機器間通信)ソリューションを組み合わせたスマート工場。
その中でウェアラブル製品スマートグラス[nvEye's]や、スマートセキュリティ等、今後、いろんな分野に拡大もみせていくであろうスマート工場に、改善しつつある業績も加わり今後、非常に期待されます。

6月5日には、独立行政法人国立高等専門学校機構(北九州工業高等専門学校)との間において、[ウェアラブル端末を活用したIot化の研究]における共同研究契約書を締結。Iot企業としての認知を拡げる為にも、良い開示だったと思います。

21日に、増増担保規制を解除。5月1日より続いていた規制解除。
その後の動きは下へ。6月30日に、5月17日窓を埋めました。
数字ライン1000円も意識されるところでしょうし、7月中旬に予定されている1Q決算発表の期待もあり、下は固いと見て反発を期待します。

■非接触サイネージシステム
7月10日に、非接触サイネージシステムの製品紹介ページを公開。
アスカネット(2438)のAIプレートを用い、空間に結像されたメニュー画面を空中で操作することが可能な空中ディスプレイで、主な用途として医療機関やATM、アミューズメント施設を想定しているようです。

最終更新:7月11日(火)11時03分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ