ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】黒谷(3168)同業種と比較しても割安。14日の3Q決算に向け注目度高まるか。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:42%(121勝163敗) パフォーマンス:+585.4
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想中
  • 日本株 予想期間7月3日~7月31日

    始値(888円)→現在値(830円)

    【買い】黒谷(3168)同業種と比較しても割安。14日の3Q決算に向け注目度高まるか。

    7月3日(月)1時31分みんなの株式
■7/14
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
銅スクラップと銅インゴットの回収、加工、販売2本柱。美術品鋳造も展開。
銅スクラップは、電線のくず等から銅を回収し、電線や半導体基板等の材料として販売。
銅インゴットは、銅のくずや水道メーカーなどから回収する銅合金のくずを配合、熔解し、船舶用スクリューの材料等として販売。一方、美術品は金、銀などの貴金属から神仏像、神仏具などを製造。
12年米国調達拠点設置。アジア展開が成長への課題。


14日に2Q決算と通期の業績予想修正を発表しました。

4月14日大引け後(15:00)に決算を発表。17年8月期第2四半期累計(16年9月-17年2月)の連結経常損益は9.5億円の黒字(前年同期は4.3億円の赤字)に浮上し、従来予想の0.9億円の黒字を上回って着地。
併せて、通期の同損益を従来予想の2.1億円の黒字→10億円の黒字(前期は4.5億円の赤字)に4.6倍上方修正した。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した3-8月期(下期)の連結経常損益は0.5億円の黒字(前年同期は0.2億円の赤字)に浮上する計算になる。

直近3ヵ月の実績である12-2月期(2Q)の連結経常損益は9.3億円の黒字(前年同期は3.6億円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-3.6%→6.9%に急改善した。

[出典:株探]

経常が約5倍増という予想になり、予想PERもその分割安性が増し、7倍程度に。
EPSも86円予想となり、割安度が著しいのですが注目度は高くはないです。
2Q決算後、数日は注目度も高まりましたが、その後は上位レンジ入り。
7月14日に控える3Q決算が近づいてくるにつれ、再注目懸念。

同業種と比較しても割安度の高い同銘柄
880-890円節目を超えてくれば、株価4桁も見えてきそうです。

最終更新:7月3日(月)1時31分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ